右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月5日火曜日

Dragon




松本復興相:退任


一連の騒動に、凄く違和感を感じるなぁ・・・。


松本復興相:主な発言

松本龍復興担当相が3日に岩手、宮城両県庁を訪れた際の主な発言は次の通り。

<宮城県庁での村井嘉浩知事との会談>

うちのチームは多分戦後始まって以来、こんなに各県、各市町村と寄り添ったチームはないくらい、素晴らしいチームだから。

仮設(住宅)とかに付属する施設なんか考えて、古里から離れたらシャトルバス出すとか、あるいは孤立死をさせないためにみんなで昼飯食べましょうとか、ね。みんなで食べましょう仮設作ればいいじゃん。

何でも相談には乗る。だからしっかり政府に対して、甘えるところは甘えて、こっちも突き放すところは突き放すから、そのぐらいの覚悟でやってください。

(漁港を)3分の1~5分の1集約すると言っているけど、県で(漁業者の)コンセンサス得ろよ。そうしないと我々何もしないぞ。だからちゃんとやれ。そういうのは。

今、後から(村井氏が)入ってきたけど、お客さんが入ってくる時は、自分が入ってからお客さん呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かった? しっかりやれよ。最後の言葉はオフレコです、いいですか、みなさん。書いたらその社は終わりですからね。

<岩手県庁での達増拓也知事との会談>

俺九州の人間だから、東北が何市がどこの県とか分からんのよ。

本当はね、仮設住宅はあなたたちの仕事だから、仮設よりも次の恒久住宅みたいなのを我々は構想する。だから、どういう知恵が出せるか、これからは知恵合戦だ。


知事は県産品ばっかり売っているから、青森とか北海道の業者呼んで、その人たちに、例えば、県内で雇ってやれよと言えばいい。そのくらいの気持ちでやっていかないと。

ちょっともどかしかったのは、緊急雇用創出基金とかいうのも提示をしたが、地方に伝わっていない。どんどん使いな。

俺なんかちゃんとアイデアもっているだろ。ずっとこの仕事やっているから、ずっと指示しているから。国は今、進んだことやっているから、まずそこに付いてこないと。

知恵出したところは助けますけど、知恵出さないやつは助けない、そのくらいの気持ちを持って。だから昨日、宮古市の山本(正徳市長)にも言ったけど、もうアレがほしいコレがほしいはダメだぞ、知恵出せよ、という話をした。あれ俺の弟みたいなものだから。甘えるなと言った。









文字におこしたモノを見る限りは至極真っ当な発言に見える。

辞任をしなけりゃいけない程の暴言なんだろうか???



「宮城県の復興計画は野村総研に丸投げで地元企業を無視」

「地元のコンセンサスを得ろ そうしないと何もしない そういうのはちゃんとやれ」

という発言や、宮城県知事に対する厳しい態度は、
ヒョっとしたら、村井嘉浩知事と野村総研との癒着疑惑の不信感から
出てきた発言だったのかもしれない。
村井嘉浩知事は図星突かれて「ムッ」ときたのか?www。




モノゴトには色んな側面がある。
文字や言葉にも様々なキモチが込められている。

言葉尻やアゲアシばかりに目を奪われて、
内側にあるモノを汲み取ろうとする気持ちが無ければ
真意など伝わるワケがない。


でも込められた気持ちを伝える為には、
伝える側の者が「伝えたい」と思って
伝わり易い方法を選んで発信しなければナカナカ難しいのが現実だ。

「伝わる者にだけ伝われば良い」

オレの場合はソー思って方言(暴言?)を吐く。

イイコちゃんちゃんの八方美人になるツモリなどサラサラ無い。

オレの発する言葉の中にあるメッセージに敏感に反応してくれる者だけが
オレの発する「伝えたい思い」を受け取ってくれればイイ。

ちなみにオレもB型だ。

生まれも育ちも国籍も愛知県だけどなwww。




オレは松本龍氏のコトを知らないし、
松本龍氏の真意はワカラナイ。
政治の話にドーコー言える様な見識も無い。

松本龍氏が大臣を辞めようが、政治家を辞めようが知ったこっちゃない。
まぁ、ハッキリをモノが言える人なのに勿体無いなぁ・・・とは思ったがね。

オレはブログでは地震のことよりも原発のコトを積極的に取り上げたいので、
本来は震災や復興の話とかは取り上げないようにしているンだけど、

チョッとヒトコト言いたくなったもんでねwww

しかし、アレだけバイク関係のブログでも
「復興だ!」「頑張ろうニッポン」とか言ってたのに
最近は震災ネタがサッパリ扱われなくなったねェ・・・。


ガンバロウネニッポンwww。















0 件のコメント:

コメントを投稿