右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月4日月曜日

Battle of the radioactivity






「30年間は作物を作ってはダメ、ここには我々の子供達は住めない」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/10712?page=2

厚労省に辞表を叩きつけ、
地域住民の為に無償で放射能と戦う、科学者・木村真三













京都大学原子炉実験所助教小出裕章氏は、こう言っておられます。

私たちはエネルギーをたくさん使いながら生活しているが、
その一方で飢餓に苦しんでいる人がいる。
人間一人が生きるのに必要なエネルギーの
60倍ものエネルギーを日本人は使っているのです。
そう、私達が1人生きるのに60人の奴隷を抱えているのと同じことなのです。


そして、こうも・・・


「日本の法を適用すれば福島県全域を放棄しなければならない」
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20110627100804.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f













0 件のコメント:

コメントを投稿