右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月18日月曜日

原発なんて全部停めますよ。あたりまえじゃないですか。なにいってんですか。





おはようございます。

本日の愛知県春日井市の天気はくもり風ソコソコ強い。

放射線量は

地上1mで0.18μsv/h

地上5cmで0.18μsv/h

観測場所は風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値です。


蝉が少しずつ増えてるような気がします♪♪♪。








「被曝牛 郡山、喜多方、相馬に拡大 新たに84頭」

「被曝肉牛 26都府県で販売」
ホルモンなど内臓系は識別個体番号がつかないので、追跡調査は難しい。

臓物系は完全アウト。
夏のBBQは輸入肉で我慢だなぁ・・・。

「名鉄百貨店では約24キロ販売」
高級惣菜で有名な「柿安」で販売された。
今後「柿安」がドー動くか注目したい。


「被曝牛肉 横浜や千葉を経由して名古屋へ」
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/tc/g=96958A9C93819496E3E4E2E2988DE3E4E2E5E0E2E3E3919CEAE2E2E2;bm=96958A9C93819695E3E5E2E3828DE3E5E2E5E0E2E3E39191E3E2E2E2;bu=BFBD9496EABAB5E6B39EBA8BE2B9A490E397AB8AA0BBB4E0FDA6B38A82B3A0E1BF94A58484B596A184FDE5EAE5BC8BBCB5E59A8BB7BC9B87BFA19482B3EBB6ABF98BEA9AE691A19DB48B80B8959B95A19599FDBB98A6A180B6858384E0A2B894838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3919A9886FDB7A4ABB59697EF

「被曝牛肉 愛媛県今治市でさらに40キロ販売」

「被曝牛肉 小田急百貨店では100キロも販売」

「被曝牛『岩手県産』で流通していた」
「飼育の過程で違う地域に移っていることは
個体識別番号でしか確認できず、
安心して買うことができない
消費者問題研究所の垣田達哉代表談


熊本県では福島から移送した豚からもセシウムが検出された。
という情報も入っている。

まぁ、牛がダメなら当然ブタや鶏もダメだろうね。

口蹄疫や鳥インフルで打撃を受けた地域が
積極的に被曝家畜を受け入れたみたいだから
特に注意が必要だと思われる。
 
 
 
 
政府は「緊急対策会議」を「連休明け」に開催するらしい。
 
連休をシッカリ休んでから緊急に会議するんだとさ。


まぁ、要するにだ。

コンな政府はアテにならん。

国産の肉は食べない 


ソレが最善の策 というコトだな。




被曝ワラを販売した農家は
「原発事故後に4日間だけ外に積んでおいた」と証言している。
原発から75㌔しか離れていない場所に
原発事故後も野積みされていたワラ。
たった4日間で1kgあたり数万ベクレルものセシウムが降り注いだ。

この証言が本当だとしたら、
原発事故後に4日間だけ外に積んでおいたワラから
大量のセシウムが検出されているなら、
放置されっ放しの瓦礫や土壌には、
何倍(何十倍?何百倍??)ものフォールアウトが降り積もっている筈である。













「神楽坂のオーガニックレストラン閉店」
「安全な食事を提供することができなくなった」

汚染されていない食材を確保出来ないという現実。

誠実に生きるというコトは、
決断する勇気が必要だというコトだ。


ホクトのきのこは独自に検査をしているようですが、
菌床に日本産の米ぬかが使われるので、
イツまでも安心というワケではなさそうです。
















0 件のコメント:

コメントを投稿