右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月11日月曜日

原発なんて全部停めますよ。あたりまえじゃないですか。なにいってんですか。





「伊方原発の新安全対策 津波対策はドアにゴムのパッキンを張る」



電源対策は高台に電源車を七台配備。
でも、電源車で賄えるのは中央制御室の計器類だけ。
冷却系のポンプ類には容量不足。
電源喪失時には、冷却機能は動かせず。
冷却機能が動かせないのに、制御室のメーター眺めてナニをするんだろう。

「ああ・・・メルトダウンしていく・・・」
って、数値眺めて酒盛りでもするつもりかよ。


伊方原発言うトコロの津波対策と電源対策が十分かドーか別として、
伊方原発言うトコロの「対策」ってのが実現するのは、
数か月先、数年先になる予定なのだが、
伊方原発言うトコロの「対策」ってのが実現するまでは
停止させて稼動しないという選択肢は無いようだ。

本当なら今月中には再稼動しようと目論んでいたのだから
新たな伊方原発言うトコロの「安全対策」ってのが実現しようとしまいと、
再稼動は決まっていた「既定方針」ということだ。

伊方原発側は「安全対策は計画している」と言っているが、
具体的にどーいう内容の安全対策を計画しているのか、
そして、それはいつ頃実現するのかは具体的に述べていない。

「ドアにゴムのパッキンを張る」ってさぁ、
弁当箱の汁漏れ対策レベルだよなぁ・・・。

津波は肉ジャガの煮汁とはワケが違うゾ・・・。











「国が認めているンだから考慮する必要がない。相変わらずな原子力安全・保安院」

0 件のコメント:

コメントを投稿