右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月7日木曜日

泊村 女川町 福井県おおい町 高浜町 美浜町は「金ズルとして原子力が必要」





「静岡県 愛媛県 石巻市 東海村は「いずれは『脱原発』を進めたい」と答えた。」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110705/t10013991771000.html




「月2千円で原発が止められる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110703-00000003-yom-bus_all


月2千円で原発が止められるなら安いョネ♪♪♪

生命保険より安くて確実に健康維持出来るしwww。

生命保険と言えば・・・

第一生命は東京電力の年金保険を担当してる。
でもって東電の大株主でもある。

日本生命も東電の大株主。

生命保険会社で電力関係の大株主になっているトコロは沢山ある。

当然だけど、
最近のがん保険は、 
被曝による癌への支払いは「対象外」にしちゃってるよ。

生保各社は「生命保険の見直し」とか言って、
必死で被曝では金がおりない保険に更新させようとしているけど
保険をかけ続けるならば、
ホイホイと更新はしちゃダメだよ。

古い保険は被曝の癌でも補償されるモノもあるからね。


規約はよ~く読まないとダメよ。
保険会社なんて昔から詐欺師みたいなもんだからさ。


オレは解約したけどねwww。










@@@電力会社ごとの十大株主リスト@@@




<北海道電力> 2010年3月31日決算
①日本生命保険 11,299千株 5.25%
②日本マスタートラスト信託銀行 10,989千株 5.1%
③北洋銀行 10,460千株 4.86%
④全国共済農業協同組合 6,215千株 2.89%
⑤日本トラスティサービス信託銀行 5,488千株 2.55%
⑥第一生命保険 4,647千株 2.16%
⑦明治安田生命保険 4,354千株 2.02%
⑧北海道銀行 4,131千株 1.92%
⑨北海道電力従業員持株会 3,403千株 1.58%
⑩みずほコーポレート銀行 3,063千株 1.42%


<東北電力> 2010年3月31日決算
①日本トラスティサービス信託銀行 26,644千株 5.3%
②日本生命保険 19,729千株 3.92%
③日本マスタートラスト信託銀行 14,148千株 2.81%
④東北電力従業員持株会 10,398千株 2.07%
⑤みずほコーポレート銀行 7,144千株 1.42%
⑥みずほ銀行 7,144千株 1.42%
⑦高知信用金庫 5,977千株 1.19%
⑧七十七銀行 5,368千株 1.07%
⑨仙台市 5,196千株 1.03%
⑩宮城県 4,439千株 0.88%


<東京電力> 2010年3月31日決算
①日本トラスティサービス信託銀行 74,414千株 5.5%
②第一生命保険 55,001千株 4.07%
③日本生命保険 52,800千株 3.9%
④日本マスタートラスト信託銀行 51,557千株 3.81%
⑤東京都 42,676千株 3.15%
⑥三井住友銀行 35,927千株 2.66%
⑦みずほコーポレート銀行 23,791千株 1.76%
⑧東京電力従業員持株会 20,620千株 1.52%
⑨三菱東京UFJ銀行 13,239千株 0.98%


<北陸電力> 2010年3月31日決算
①富山県 11,270千株 5.12%
②北陸銀行 10,476千株 4.76%
③日本生命保険 7,426千株 3.37%
④北國銀行 6,000千株 2.72%
⑤日本トラスティサービス信託銀行 5,807千株 2.64%
⑥北陸電力従業員持株会 5,158千株 2.34%
⑦日本マスタートラスト信託銀行 4,222千株 1.92%
⑧みずほコーポレート銀行 2,868千株 1.3%
⑨富山第一銀行 2,590千株 1.18%
⑩金沢市 2,094千株 0.95%


<中部電力> 2010年3月31日決算
①日本トラスティサービス信託銀行 65,618千株 8.6%
②日本マスタートラスト信託銀行 51,772千株 6.79%
③明治安田生命保険 42,662千株 5.59%
④日本生命保険 34,440千株 4.51%
⑤三菱東京UFJ銀行 15,304千株 2.01%
⑥三井住友銀行 14,943千株 1.96%
⑦中部電力自社株投資会 12,384千株 1.62%
⑧みずほコーポレート銀行 10,564千株 1.38%
⑨第一生命保険 10,000千株 1.31%
⑩資産管理サービス信託銀行 9,002千株 1.18%


<関西電力> 2010年3月31日決算
①大阪市 83,748千株 8.85%
②日本生命保険 42,909千株 4.53%
③日本トラスティサービス信託銀行 38,572千株 4.08%
④神戸市 27,351千株 2.89%
⑤日本マスタートラスト信託銀行 21,995千株 2.32%
⑥関西電力持株会 15,998千株 1.69%
⑦みずほコーポレート銀行 12,978千株 1.37%
⑧三井住友銀行 11,128千株 1.18%
⑨三菱東京UFJ銀行 9,472千株 1%
⑩オーディー05オムニバスチャイナトリーティ 8,307千株 0.88%


<中国電力> 2010年3月31日決算
①財団法人山口県振興財団 49,505千株 13.34%(※山口県外郭団体)
②日本トラスティサービス信託銀行 28,452千株 7.67%
③日本生命保険 23,366千株 6.3%
④日本マスタートラスト信託銀行 15,438千株 4.16%
⑤みずほコーポレート銀行 5,801千株 1.56%
⑥中国電力株式投資会 5,677千株 1.53%
⑦第一生命保険 5,402千株 1.46%
⑧広島銀行 5,092千株 1.37%
⑨住友信託銀行 4,986千株 1.34%
⑩山陰合同銀行 4,297千株 1.16%


<四国電力> 2010年3月31日決算
①日本生命保険 9,254千株 3.97%
②伊予銀行 8,851千株 3.8%
③百十四銀行 8,846千株 3.8%
④住友共同電力株式会社 7,062千株 3.03%
⑤高知県 6,230千株 2.67%
⑥日本マスタートラスト信託銀行 4,447千株 1.91%
⑦明治安田生命保険 4,244千株 1.82%
⑧四国電力従業員持株会 4,204千株 1.8%
⑨日本トラスティ・サービス信託銀行 4,143千株 1.78%
⑩第一生命保険 3,669千株 1.57%


<九州電力> 
①明治安田生命保険 23,710千株 5%
②日本マスタートラスト信託銀行 21,847千株 4.61%
③日本トラスティサービス信託銀行 20,076千株 4.23%
④日本生命保険 18,454千株 3.89%
⑤みずほコーポレート銀行 10,419千株 2.2%
⑥みずほ信託銀行退職給付信託 8,637千株 1.82%
⑦三井住友銀行 8,474千株 1.79%
⑧九栄会 7,213千株 1.52%
⑨高知信用金庫 5,184千株 1.09%
⑩第一生命保険 5,007千株 1.06%


<沖縄電力> 2010年3月31日
①日本トラスティサービス信託銀行 2,302千株 13.14%
②沖縄県知事 870千株 4.97%
③琉球銀行 841千株 4.8%
④沖縄銀行 837千株 4.78%
⑤日本マスタートラスト信託銀行 831千株 4.74%
⑥沖縄電力社員持株会 586千株 3.34%
⑦第一生命保険 517千株 2.95%
⑧日本生命保険 486千株 2.78%
⑨みずほコーポレート銀行 413千株 2.36% 5,090円
⑩明治安田生命保険 344千株 1.97%






電力十社すべてに十大株主として入っているのは、


①日本生命保険
②日本マスタートラスト信託銀行
③日本トラスティサービス信託銀行


以上のの3社。


②と③は生命保険会社と銀行が作っている金融会社。




みずほコーポレート銀行は、四国電力を除く9社の十大株主に入っている。


第一生命保険は7社、明治安田生命保険は5社の十大株主に入っている。




会社説明


o日本マスタートラスト信託銀行株式会社
2011年6月28日現在
資本金100億円出資比率
三菱UFJ信託銀行株式会社 46.5%
日本生命保険相互会社 33.5%
明治安田生命保険相互会社 10.0%
農中信託銀行株式会社 10.0%(※農林中央金庫100%出資の信託銀行)


o日本トラスティサービス信託銀行株式会社
2011年6月28日現在
資本金510億円出資比率
りそな銀行 33.33%
住友信託銀行 33.33%
三井住友トラスト・ホールディングス 33.33%


o資産管理サービス信託銀行
2010年3月31日現在
資本金500億円出資比率
株式会社みずほフィナンシャルグループ 54%
第一生命保険 23%
朝日生命保険 10%
明治安田生命保険 9%
富国生命保険 4%


o株式会社みずほフィナンシャルグループ
持株会社。主要子会社に、みずほコーポレート銀行、みずほ銀行、みずほ信託銀行。


oオーディー05オムニバスチャイナトリーティ
中国政府系のファンド、常任代理人は、香港上海銀行東京支店。



汗水垂らして身を粉にして働いて稼いだ金を如何にして有効に活用するか。

銀行や保険会社を選択する資料になればと思います。













0 件のコメント:

コメントを投稿