右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年7月20日水曜日

原発なんて全部停めますよ。あたりまえじゃないですか。なにいってんですか。





おはようございます。

本日の愛知県春日井市は台風が接近中です。
天気は雨で風が強いです。

放射線量は

地上1mで0.18μsv/h

地上5cmで0.22μsv/h

今日の観測場所は降雨によりイツもより5mほどズレてます。

風通しの良い屋根つきのコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値です。






警告!!

「台風の通過により関東だけでなく九州まで広範囲で放射能が拡散します」

表示時刻はドイツ時間なのでプラス9時間です。






東京都下水道局が発表している
下水の脱水汚泥中の放射性物質情報によると、

セシウムだけでなく、いまだにヨウ素131が検出されています。

群馬県高崎市でもヨウ素131の検出報告が上がっています。
本来、ヨウ素131の半減期は8日です。

「福島第1原発から大量の放射性物質が放出された」
と最後に報告が出ているのは3月21日。
それ以降放出があったとの報告は出ていない。
ならば、ヨウ素131はとっくに「不検出」になってしかるべき。

なのに、東京都下水道局が発表している
下水の脱水汚泥中の放射性物質情報には
セシウムだけでなく、 
いまだにヨウ素131が検出されている。

群馬県高崎市でもヨウ素131の検出報告が上がっている。

それは何故なのか。

未だにメルトスルーした核燃料が
地中でグツグツと臨界を繰り返してる

というコトなのではないかと思われます。

連日4号機からの大量の煙の放出が話題に上っています。

4号機の煙は水蒸気だという話ですが、
水蒸気であったとしても、
その水蒸気に高濃度の放射性物質を含んでいるコトは間違いありません。

未だに放出中のヨウ素131や、高濃度の放射性物質を含んだ水蒸気が
台風によって拡散されるワケです。

そして雨によってホットスポットがつくられる。


我々に出来るコトは、戸締りをして外出を控えるコトくらい。

あとは拡散が少しでも少ない事を祈るしかありません。













0 件のコメント:

コメントを投稿