右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年6月29日土曜日

Todays Indian scout #27




ソコいらじゅうが金属パテで
ヤッツケ補修してあるインディアンのオリジナルタンク。

インディアンのタンクはハンダで組み立ててあるらしく
火を入れるとバラバラになって悲惨なめに遭うよ
と インディアン乗りの方から忠告を頂いていた。




正直言ってオレはこのインディアンのタンクのデザインは
あまり好きではない。

薄くて長くて角張っているタンクが
インディアンの丸みを帯びたエンジンのデザインに
似合っているとは思えないのだ。






確かに角張ったデザインのタンクは
インディアンの特徴ではあるのだけれども
ソレがカッコいいかドーかは別問題な気がする。

ハッキリ言おう 

「インディアンのタンクはカッコ悪い」


本来スカウトは もうちょっと厚みのあるデザインのタンクの筈だが
ウチのインディアンさんはフレームがジュニアスカウトなので
タンクもジュニアスカウトのモノが付いてて
本来のスカウトのモノよりも薄いモンだから尚更カッコ悪いのだ。





っつうコトで

オリジナルのイツ漏れ出しても不思議ぢゃあ無いタンクは却下して
タンクを製作するコトにしたワケであります・・・。





とりあえずウチのガレージに転がっていた
貰いもんの5ガロンタンクを切り刻んでみる・・・。





ンで、ある程度カタチにしてみて
インディアンにあてがってみたのだけれども
ナンかイメージと違った・・・。

ハーレーのタンクをベースだと
やっぱりハーレーっぽくなっちゃうなぁ・・・。

しもぶくれのフグちょうちんみたいなのは
インディアンには似合わんのよねェ・・・。

もっとインディアンのエンジンのカタチに似合うデザインのタンクがイイよなぁ・・・。
シュっとした感じの流麗なデザインのタンクがイイ。
 
と、能書きダケはイチニンマエなのですが
クチばっかでスキルが伴わないもんだから
鉄板叩いて成型するナンてコトはとーてい無理なワケで
切り刻んで繋ぎ合わせる程度しか出来んオレは
ナニかイイ感じのドナータンクが無いか
オークションで片っ端からクズタンクを検索してみるワケです・・・。
 

で、

お♪♪コレならけっこーイケるんぢゃない?

ってェのを みつけたのでありました。

ソレは、



カワサキのバルカン400のタンク




さっそく近所の解体部品屋で4つも購入
全部で¥6000-www。





グラインダーでギューン!ギャリギャリギャリー!!っと切り刻む。






コンな感ぢでカットして側面の上半分だけ使うワケです。


で、切り刻んだ材料を バチバチっと くっ付けたら とりあえず完成♪♪





うん♪♪ヤッパ丸い方がカッコいい♪♪♪

ジャメリのタンクがベースには観えンwww。




デザイン的には もう一回り小さくした方が良かったかなぁ・・・。
ンでも片側はオイルタンクになるから
コレ以上小さくするとガソリン容量が厳しくなるンだよねェ・・・。

インディアンは お飾りじゃなくガンガン乗りたいからなぁ・・・。

まぁ、ドーしても気になるよーなら
また創り変えればエエかwww。



と、またしてもインディアンにあるまじきパーツチョイスで
着々と完成に向かう 
「インディアン・チープ」 なのでありましたwww。

















0 件のコメント:

コメントを投稿