右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年6月22日土曜日

Todays Indian scout #23






とにかくね、基準になるモノや参考になるモノが無いモンだから
ナニからナニまで手探り状態なのよ。


ウチに来た時はスーサイドクラッチだったインディアン

クラッチ側のアームが溶接で延長してあってムチャクチャな状態だった。





だもんで オリジナルに近い状態に戻したのだけれども

ドーにもクラッチが重いもんで
ナニか不具合でもあるンぢゃあないかと
確認の為にクラッチをバラすコトにした。








真っ黒なプライマリーオイルが出て来て
カバーの中にはスラッジが結構溜まってた。






プライマリーチェーンは3連でスタッドボルトは6本







プライマリーカバーの内側にナニか書いてある。





仕組みは凄く単純なナンだけれど
クラッチスプリングが16本に
クラッチディスクは8枚も入ってた。






とりたてて観た感じは異常は無かった。

クラッチディスクとフリクションプレートを丁寧に面取りして
擦動部分にグリスを塗って組み込んだ。

多少軽くはなったけれどヤッパり重い。

別にオカシイところも無かったし
コンなもんなんだろうか。

以前に500のスカウトのクラッチを踏んだ時は
凄く軽かったけどなぁ・・・。

1200のチーフに乗っているヒトは「クラッチが重くて辛い」って言ってた。


コイツは草レーサーだったらしいから強化スプリングでも入ってるのか?
クラッチが重いからクラッチアームが延長してあったのかなぁ・・・。

ナニが正解なのかワカランもんで
自分のが正解かどうかもワカランのよねェ・・・(><)


まぁ、とりあえずコレで様子観てみるか・・・。
































0 件のコメント:

コメントを投稿