右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年6月12日水曜日

自らのケツを自らで拭く覚悟






昨日フェイスブックで

「最終処分場が自分地の隣に来るのはイヤだ」
って言ってたヒトが
「今すぐ原発をゼロに」
って言ったって説得力無いよね

っつう話題をUpしたんだけれども

その話に関してのリアクションどころか
最終処分場の話すらもが脱原発で繋がってる運動家からは一切出て来ないのよね。
リアクションくれるのはバイクやクルマ関係で繋がっているヒト達だけ。


まぁ、予想はしてたコトなんけどさ。

叩き易いトコだけギャーギャー言って叩きまくって
自分達側に矛先が向かって来た時はスルー。
自分達の矛盾には向き合わずスルー。
自分達への批判的な意見を真摯に受け止めるコトも無くスルー
自己反省するコトも無くスルー
でもって批判した相手にレッテルを貼って差別し排除する。
「差別が」「ヘイトが」って言ってる端で自分らがバンバン差別してる。

ドコの反原発運動も多かれ少なかれ訊くハナシ。
ドコも似たようなもんじゃない?

自分達は正義のヒーローなのにソレを批判するなんてけしからん!
自分たちは悲劇のヒロインなのに ソレを批判するなんてけしからん!
ソンなヤツは悪の手下だから排除しろ!

ってなwww。

批判を受けるってコトは
何がしかの落ち度や矛盾が自らにあるかもしれない。

そう考えるコトが出来ない。

もちろん一生懸命誠実に頑張っているヒトも居るけれども
問題点に向き合えない(向き合わない)でツルんでるのであれば
同じ穴のムジナと捉えられても仕方が無いよね。

イヤだイヤだと文句を言うダケではナニもモノゴトは解決しない。
解決しようと腹を括り覚悟を決めなければ
原発を続けて行きたいヤツらの思うツボだ。

自らのケツを自らで拭く覚悟

全ての問題の解決の鍵はソコにあるのではないか
と、オレは思うのだけれども
オレだけが必死で自分の尻ダケをぬぐったトコロでナンの問題も解決せんでな。

「実生活の鬱憤を吐き出す為のガス抜き」

ナンて言われてるコトを皆ンなドー感じてるんだろうかね。
自分が一生懸命頑張っているコトをソンな風にしか観てもらえないってコトを。

「コンなに頑張っているのにナンで理解してもらえないんだろ」
って思うのならば
理解して貰えない根本の原因を理解しなきゃアカンやろ。

ナンで減っていくのか

理由は必ずある。

少なくともオレにはあるでよ。

まぁ、脱原発をライフワークにするのに
群れなきゃならん理由も無いワケだから
別に好きにすればイイんだけど
「実生活の鬱憤を晴らしているだけ」
ナンてオレまでヒト括りにされるのはかなわんでな。

















0 件のコメント:

コメントを投稿