右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年6月11日火曜日

自国で原発が爆発したんだからさ、国民全員を健康診断したってヤリ過ぎじゃあ無いのにナンで無駄なコトにばかりカネ使って本当に必要なコトにはカネを出さんの?








「そこまで手はまわりません」

http://no-border.asia/archives/9069


真実が知られると困るから調べないのかね。

今のテメェの立場だけ守れればイイって考えのヤツらばかりで
クニの為に国民を護ろうという意識は無いンだろうな。

まぁでも、今回の第11回福島県「県民健康管理調査」検討委員会では
福島県立医大の鈴木教授の説明が前回よりも凄く弱気になってたそうですよ。
前回の検討委員会では
「チェルノブイリの例を見ても5年経ってから始まってきたから早すぎる」というコトで、
「事故の影響ではない」というコトをキッパリと言い切ってたのに
今日の検討委員会での言い回しが「ワカラナイ」に変わっている。

前回の検討委員会では「不安解消」が目的だったそうだ。

つまり「本当は安全なのにビビってるヒトが多いから
そんな不安を解消させる為にキチンと検査をして
大丈夫だと言うコトを証明しましょう」
って言う安全性に強気な趣旨で行われていた。

だけど今回の検討委員会では
「県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、
将来に渡る県民の健康の維持増進を図ることを目的として実施する」
に変更されている。

つまり「前回は安全だと言ってたけれど 
本当は安全かどうかワカラナイから
キチンと検査をして早期に異常を発見して
出来るだけ死人を出さないように頑張りましょう」
って言う随分とトーンダウンした趣旨に変更されたワケ。

イロんなヒトが偉そうにイロんな能書きを垂れるけれどもさ
結局ナンでも「現時点では」という前口上がつくンだよね。
つまりナニも解かっていないンだよ。

「ダイジョウブ」かどーかナンてワカラナイし
「影響が無い」かどーかナンてワカラナイ。
「ダイジョウブ」じゃあ無いかもしれないし
「影響が無い」ワケでは無いかもしれない。

「現時点では」
ヤバイかもしれないし
影響があるかもしれない
としか言えない。

「現時点では」
「ダイジョウブ」だナンて言えないし
「影響が無い」ナンて言えない。

自分に都合の良いようにモノゴトを捉えたい
って気持ちはワカルけれど
世の中はテメェの都合の良いように動くとは限らない。
むしろテメェ都合にはイカナイ場合の方が多いよね。

ナニも考えていないヤツほど
「じゃあドーすりゃイイんだよ!」
って言うけれどもさ

テメェの命の問題だろーがよ
テメェの命の問題くらいテメェで考えて
テメェで判断してテメェで決断して
テメェで行動しろや





















0 件のコメント:

コメントを投稿