右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年7月31日火曜日

原発を受け入れた愚かモノの末路





「原発が廃止された時、原発に依存していた町はどうなるのか? 
そして原発跡地はどうなるのか? 」

http://www.youtube.com/watch?v=Igod4NyRcQM&feature=player_embedded#!


原発を一旦動かすとどういう末路を辿るのか。

施設に使用した廃材はサンドブラストで表面を削って除染せねばならない。
ソレでも落としきれず施設外に持ち出し出来ないものもある。

50年以上も厳重に保管し、
自然に放射線量が下がるのを待ってからでないと
除染作業すらも出来ない

使用済燃料棒は二重のアルミニウムの容器に移して保管される。
燃料棒は危険なので空気中に出せない。
容器への密封作業は全てが水の中で行なわれる。
遠隔操作でヒトが近づかなくて済むような設備が整っている。
(福島第一原発ではソレらの設備が全壊してしまっている)

核廃棄物の最終処分は
地中処分が一旦決まったが、余りにも危険な為に地中処分は中止となった。
最終処分場の見通しも最終処分の方法の見通しすらもたっていない。


原発跡地は中間処分施設となり
中間処分施設には放射性廃棄物が集められる。


全てを始末し終えるのはイツのコトになるだろうか。


ソレまでにドレだけの予算を投じ、ドレだけのエネルギーを消費し
ドレだけ環境を破壊し、ドレだけ放射能で汚染し続けるのだろう・・・。


原発を受け入れた愚か者の末路

何故人は同じ過ちを繰り返すのか



CHOPPER ADDICT








.


0 件のコメント:

コメントを投稿