右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年7月22日日曜日

『安全性の疑わしい食品は取り扱わない』と宣言したら保健所が押しかけてきました

 .





福島・東北の野菜を置くな」と指示したスーパーの創業家メンバーに行政が圧力

http://merx.me/archives/25546 

福島の野菜は「汚染物」 
東北の野菜が安全だと宣伝する方が「虚偽の風評の流布」


販売者がナニを選択して売ろうが自由なんじゃないの?

「汚染された野菜を売れ!」って言ったなら問題だけど
「汚染されているかもしれないから東北の野菜は売らない」
と言っているだけでしょ?
ナニがアカンのか理解出来ん。

消費者の為に、より安全な物を提供する。

消費者側からすれば、ソンなコトは
販売サイドがアタリマエにやるべきコトで
値札がついて商品棚に陳列された時点で
「コレは安全なモノですよ」と、
販売者が太鼓判を押しているという認識だ。

店頭に並べられたモノが危険か安全かを
消費者自身が判断しなきゃイケナイような状態になってしまったら
食品の売買なんて成り立たんやろ。

販売者を信用出来なくなったら、
喰いもんの売買なんて怖くて成り立たない。

店頭に並べてある品物の安全性をアピールしなきゃならん今の現状は異常だよ。

ザルに等しい検査にユルユルの規制値
 
ソンなモンでドーやって安全性を証明すんの???


販売者が売れるモノを選んで並べて売る。

ソレも商売の常識。

汚染されているかもしれない野菜と汚染されていない野菜
ドッチが売れると思うの??

そんなもん汚染されていない野菜に決まってるだろ。

ドコに好き好んで汚染された野菜を喰うバカが居るよ。
 
汚染されている野菜を売っている奴は
汚染された野菜を売るコトでナンらかのメリットがあるんだよ。
安く仕入れているからなのか、契約上の問題なのか
ドンなメリットがあるのかは知らないが
汚染された野菜を売らざるを得ないナンらかの理由がある。
汚れていると知りながらも売らなきゃいけない理由があるのだ。

じゃなきゃワザワザ汚れた野菜を無理して売る理屈が通らない。

でもって自分達の売っている汚れた野菜が売れなくなると困るから
「綺麗な野菜を売ってます」ってアピールしている所に圧力をかけるワケ。
 
汚染されていない野菜を売るのだから
「汚染されているかもしれない危険な野菜は売りません!」
って自分トコの品物の良さをアピールしたらナンでアカンの???
事実無根な嘘で比較対照の信用を落としたってェのなら犯罪だろうけど
東北の野菜が汚染されているのは間違いの無い事実でしょ。

実際に汚れているのは紛れも無い事実。

「基準値」という曖昧な値を下回っている
っていうだけで
汚染されていないワケではないし
安全を保証されているワケでもない。

皆ンな勘違いしちゃあアカンよ。
ナンも考えんと鵜呑みにしてバカ正直に信用してたら自滅するぜ。

基準値は安全を保証する値ではありません。

コンな事故が起こっちゃったンだからさぁ 
あんたもコレ位は我慢しなさいよ。
アンタだって電気使ってるンでしょ?
だったらアンタも同罪ナンだからさ、
コレくらいの汚染は我慢せなアカンわ。
アンタだって電気使ってるンだから。

原発が事故したのはアンタにも原因があるのよ。 
だから癌になっても文句言っちゃダメよ。
アンタだって電気使ってるンだから。

アンタ達の為に原発動かしてきたんだからね。
 

そう言ってクニが無理やり押し付けてきた数値なのです。


我々は、コレから何十年も
放射能で汚染された食べ物を摂取し続けないといけない。
だから今のウチ、汚染されていないモノが手に入るウチは
汚染されていないモノが手に入るのなら
出来るだけ汚染されていないモノを選ぶ。

アタリマエの話しですわな。












.

0 件のコメント:

コメントを投稿