右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年5月19日日曜日

Todays Indian scout #18




ウチのインディアンさんは、
とにかくドコもカシコもヤッツケのダメダメ・・・(><)



リアのブレーキパネルなんかエーモンステー留めだった・・・(TT)



まぁ、メリケンがやったワケだから正確には「エーモン」では無いのだが・・・www。


「エーモン」であろうが無かろうが
流石にコレではアカンやろ っちゅうコトで



コレを加工してトルクロッドを造るコトにした。

そう、CB50の純正トルクロッド
正式名称は「リアブレーキストッパーアーム」と言う。

コレをギャン!と切って
プシューっと繋ぐ






出来上がり♪♪






ブレーキロッドはエイプ用だったかナンだったか忘れたけれど
バナナタイプを延長した。






リンケージはモンキーのアクルスシャフトに
モンキーのブレーキアームとブレーキカムを合体させた。







コレは確かC110のヤツだったと思う。
何故かウチに転がっていたので使ってみる。




















コレは苦労して造ったステップとブレーキペダルを受けるブラケット。






そうです。
ブレーキペダルを取り付けるシャフト部分はJazzのヤツ。
AssHole創ったトキに捨てずにとって置いてたのが役に立った♪♪
ヘアピンタイプのリターンスプリングも使えてナカナカGoodですよ♪♪♪

ステップのホルダー部分は
CB125だかナンだかのタンデムステップのホルダーだったと思う。






ブレーキペダルはリジットモンキーのペダル本体とスティードの軸受けを合体させて
ゴールドウイングの足踏み部分を使った。













ステップは台湾製のスクーターかナンかのタンデムステップ。
ヤフオクで¥980-だったwww。

とりあえずコレで右ステップとリアブレーキペダル周りはOK。


今回もチープなパーツばかりを使って
カッコ良くなるように頑張ってみたよ。

もうコーなったらチープなパーツで仕上げるコトを楽しんじゃおう♪♪

高価なレアパーツなんて必要ないね。

インディアンチーフならぬ 「Indian Cheap」 だぜwww。



















2 件のコメント:

  1. いつも丁寧なお仕事ご苦労様です。観ているだけでホント気持ちがいいですね。…Indian Cheap…上手い事決まりました…(笑)。

    返信削除
  2. 匿名さん>出来上がっちゃうとナンのこたぁ無いンですけれども
    悩んでいる時間の方が圧倒的に長かったりするワケです。
    あ、部品の話ですよ、あだ名の話ではアリマセンwww。

    返信削除