右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年5月15日水曜日

イイワケを並べ立てて楽方へ流れてしまうのは己の狡猾さの表れ




「コメ作ったって、悔しいが子供らには食わせられねえもの」

http://mainichi.jp/select/news/20130512k0000e040153000c.html



テメェの子供に食わせられないモノを他人には食わせるのか?

汚染された食品を拡散させるコトは
自分達で放射能を拡散させている というコトなのだ。
 
モノを生産する立場のヒト達には
そういった自覚をもってモノづくりに臨んで欲しい。

ソレでも「国がイイといったから」と
イイワケをして楽方へ流れてしまうのであれば
ソレは己の狡猾さの表れなのだ。

放射能に対する対策は
ダレがナンと言おうとも
「隔離」と「避難」以外はズルく卑怯な行為でしか無い。

「隔離」と「避難」以外は
ドンな大義名分があろうとも
ドレだけイイワケを並べ立てても
絶対に正当化出来る行為ではない。

食物を生産するコトが生業であるにも拘らず
自国で原子力発電所が爆発しているのに
自らはナンの対策も対応もせず
ただ国の云うがままを鵜呑みにして
(ソレが一番楽だからね)
イイワケを並べ立てて放射能をバラ撒き続けている己を
「正しいコトをしている」と胸を張って言えるのか?

自らと向き合って
自らの心に問い質してみるといい。

「オマエのやってるコトは間違っていないか?」

「卑怯じゃないか?」

「狡くないか?」

間違いを認めるコトは とても勇気の必要な行為だ。

でも、ソレが出来なければ
ヒトとして生きて行く資格がなくなる。

ヒトとして生きるか
ヒトデナシで生きるか


ソレは

オマエの心の中に
「正義」が存在するかどうか

ってコトなんだよ。





















0 件のコメント:

コメントを投稿