右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年10月7日日曜日

NAGOYA SPEED&CUSTOM SHOW 2012 #09







SPEED&CUSTOM SHOWは このドームで催されるというコトに意味がある。

ショボイ箱との雲泥の差が雰囲気を一層盛り上げる。




レベルの高いSHOWにレベルの高い出展車両

自ずと出展者のレベルも上がるし
レベルの高い出展者の周りにはレベルの高い者達が集う。




































コレは凄かったなァ・・・♪♪♪




車種がナンだかワカランかったもん



60年のGM系だってのはルーフやテールフィンの形状から判ったけど




ポンティアックとかビュイックとかかなァ・・・って思ってたら




ナンとインパラらしい(@@)

スゲェ~♪♪♪




















































Eく田さんのハドソン

ライブ御疲れ様でした♪♪♪












あぁ・・・ボケた・・・(TT)

搬入日の照明が暗かったのは残念やったなぁ(><)


アレだけの規模の場所を照らすワケだから
電気代に相当の差が出るンだろうけれど
 ゆっくり写真が撮れるのは搬入日だから
ブロガーに良い画像を流して欲しかったら
搬入日の夜間照明は明るくした方が
結果として宣伝効果が上がると思うンだよね。




レベルの高い車両のクリアな画像がより多く流出するコトで
SHOWの宣伝効果を上げ
SHOWのステイタス性をより一層押し上げる。

と 思うンだけど。




おお~♪♪♪
凄くカッコ良くなったなぁ~♪♪♪




全然印象が変わりましたね♪♪♪




コンチKitを外して
背中のラインがとても強調されてて
凄く上品に観えます♪♪♪




素晴らしい♪♪♪




コチラも製作されてから何年も経ちますが
全く色褪せませんね♪♪♪




イツ観ても素晴らしい♪♪♪



イツ観ても 何度観ても 観飽きない

そーいう作品を創るのって ナカナカ出来るコトではありません。





SHOWを念頭に置くと
ドーしてもキャッチーな方向に振ってしまいがち

でもキャッチーなのって飽きられるのも早い。




実はキャッチーなのって 意外と創るの簡単ナンですよ。

でも、色褪せないモノを創るのは とても難しい。




その辺もヤッパリセンスの問題なワケですね。

そういう意味でも 
今回のSHOWは非常にレベルが高いSHOWだったと思います。


とても勉強になりました。




このような場を設けてくれた主催者に あらためて感謝♪♪♪m(_ _)m

















0 件のコメント:

コメントを投稿