右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年10月10日水曜日

今、冷静になって あの日を思い出してみろ





「ゴメンゴメン1.59msv/hだったみたい 1時間で軽々被爆限度超えてたわ」
 

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20121003153317702

だわなぁ・・・。

あの日を思い出してみ。

自衛隊が出て簡易の除染施設がつくられて
子供から老人まで一人一人スクリーニングして
全身洗浄させられてたじゃん。
着てた物も全て捨てられてた。

映画のアウトブレイクさながらだったよね。

今、思い出してゾッとする。


政府は爆発当初から数値を把握していたンだよ。

だから自衛隊の特殊部隊が出動した。



被曝した住民を守るため?

アホ言うな。


既に放射能で被曝してしまった被爆者を
ドーやって被曝から守るっちゅうのよ。

被曝してまったら取り返しはつかんのだよ。

被爆者が全身洗浄させられたのは
被曝者からの二次被曝の危険性を恐れたからだ。

それだけ深刻な事態だった っちゅうコトだ。


原発が爆発して大量に放射能が撒き散らかされ
ソレを浴びた被爆者が浴びた放射能でヒトを被曝させてしまう

ソレ程の大量の放射能が二葉町には降りそそいだ。



「放射能がうつる」と虐められた


ナンていうハナシが あの当時話題になったけれど
あながち根も葉もないウソでも無かったンだよ。


当然だけれど
汚染されたのは双葉町だけじゃあないでよ。


こうやって1年半も経ってから
ゾロゾロと事実が明るみに出てくる。

モチロン絶対に明るみに出さない事実もある。

今もドコかで誰かの都合で事実が隠され続けている。

ソレがイツ明るみに出るのか
果たして永久に明るみには出てこないのか

 

自らの身は自らの判断で自らが守るしかない。

コノ国はソーいう国なんだよ。















0 件のコメント:

コメントを投稿