右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年10月13日木曜日

そろそろテキトーなコトいって誤魔化しきれなくなってきたなぁ





本日の愛知県春日井市はくもり


放射線量は

地上1mで0.10μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。


放射能は風に乗って飛んで来ます。
放射能は色んな物に付着して移動します。
ヒト クルマ モノ 
イキモノは放射能が付着した食べ物を食べ
体の中に放射能を蓄積します。
そのイキモノをまた別のイキモノが食べと
ドンドンと濃縮蓄積されていきます。
またイキモノは摂取した放射能を
糞尿などの排泄で拡散させていきます。
そしてイキモノが移動先で死ねば、
ソコで体は分解され放射能は移動先で沈着します。

他にも様々な方法で放射能は拡散して行きます。
特にニンゲンが拡散する放射能は深刻です。
あらゆる方法で大量に拡散させますので
汚染はいっきに拡がります。

そして拡散した先々でまた
同じサイクルが繰り返されるのです。

永遠とも言える永いあいだ・・・。






「世田谷で高線量 2.7マイクロシーベルト」

「東京・世田谷区の区道 高放射線で立入禁止」

「世田谷 道路の表面を除染しても放射線量下がらず」

「横浜市でストロンチウム検出」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111012-00000060-jnn-soci


東京都葛飾区金町地区でも1μSv/h超え最大3μSv/h超が確認されています。
横浜市の南区六ッ川西小学校ではO.97μSv/h 


「こめどころ新潟県魚沼市で6万ベクレル」

「長野県軽井沢町で1.7マイクロシーベルト」



















0 件のコメント:

コメントを投稿