右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年7月30日火曜日

高校2年生の訴え 自分だけいい思いをして子供の未来を汚しても平気なんですか?






「原告意見陳述要旨(2013年7月29日) 原告 戸苅春香」

http://blog.goo.ne.jp/broh-gldoe/e/01851bf0e1deb23119d4f2f06b9d4413

泊原発廃炉訴訟第6回口頭弁論で、
高校2年生の戸苅春香さんがする予定だった意見陳述


原発事故は私の人生を一気に曇らせました。

日本国民へ向けての計画的なだましが始まっていたのだ

この時代に生まれてきたことを何度悔やんだかわかりません。


自分はもうすぐ死ぬからどうでもいいと思っているんですか。

何も心配せず食べたいものを食べ、
行きたい所へ行ける幸せな子供時代を送り、
この先何が起こってもどうせ自分が居ないのだから
どうなってもいいと思っているんでしょう。

自分だけいい思いをして
子供の未来を汚しても平気なんですか。

罪悪感もないんですか。

恥ずかしくないんですか。

これだけひどい事故を起こしておきながら、
国民のほとんどはその被害に自覚さえありません。

こんなだらしない国だったんですか?

一番大切なものを忘れて人間として正しい選択ができなくなっている

いい加減目を覚ましませんか。

現時点でもうすでに大人が残した原発は
私たち子供にとって大変な重荷です。

それをさらに増やすつもりですか。

自分の子供や孫の顔を思い浮かべてもう一度よく考えてください。

私たち子供は大人たちに憤りを感じています。

私はたかが電気のために命を危険にさらし、
涙を流すなんて、まっぴらごめんです。

そんなものに人生を左右されるのも、
未来を縛られるのも許せません。

未来は
あなたたちのものではありません。

私たち子供のものです。

大人の一時的な都合で
私たちの未来をこれ以上汚さないでください。

私たちの夢を奪わないで下さい。
















0 件のコメント:

コメントを投稿