右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年4月18日木曜日

Todays Indian scout #02






ハンドルがコーリンのDAX用コンチハンドルなので
スロットルも当然DAX用の純正インナースロットル



かなりロースロットルになっちゃうけれども
少しの加工でリンカートでも引き切れたよ。






ワイヤーのブラケットはソコらに転がってる鉄板を
チョィチョいっと穴開けて クイクイっと曲げて創って
スロットルワイヤーは初期型シャリィ用を使う






当然レバーもDAX用なワケで
先っちょをC100っぽく加工してみた。

ブレーキワイヤーも初期のシャリィ用を短く加工して使う。

ブレーキスイッチつきだからスマートに決まるのもイイよね♪♪♪






ドラム側はアダプターを創っただけでボルトオン状態






コンな感ぢのアジャスト式

そう、ピンっとキタひとは鋭い。






モンキーのリアブレーキロッドをぶった切って長ネジに溶接しましたwww。




と、まぁ、
およそセレブ御用達のインディアンを弄ってるとは思えないよな
チープなパーツのラインナップではありますが
逆にオレらしくてイイんぢゃあないかと・・・www。

だってベース車輌を手に入れるのにも四苦八苦しているのに
ビンテージなレアパーツなんぞを
バカみたいに高い金出して買う余裕など全くアリマセンものwww。

カッコいいけりゃ高価でレアなパーツでも
「欲しい!」って思えるかもしれんけれども
今ンとこ「ナンでコンなもんがコンなに高いの???」
って?マークが出るよなモンばっかで
「コレぜったい欲しい!」って思えるカッコいいレアパーツも見当たらないしね。

まぁ、オレは、結局ナニ弄らせてもオレナリにしか出来んもんで
モンキーでもインディアンでも同ンなじナンですよね。
だからインディアンもオレナリに頑張りますよwww。













0 件のコメント:

コメントを投稿