右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年3月7日木曜日

溶け落ちて地面にめり込んでる核燃料を冷やすのに精一杯で 汚染水の置き場もイッパイイッパイで 未だ燃料の取り出し方法すら決まっていませんけどね





 「もうダメかも・・・」

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130302t63023.htm

汚染水は1日およそ400トンのペースで増え続けている。

http://www.dailymotion.com/video/xxw8ke_yyyyyy-yyyyyyyyyyy_news?start=523#.UTcpKzeuRac

タンク置き場にする為に伐採した木々達はドコへ???
相当な量だろうし、とんでもなく汚染されている筈だけれども
いったいドコへ行ったのだろうか・・・。
まさか焼却処理とかされてないよね???

汚染水は水なんだから蒸発させれば体積減るはずなんだけど
トリチウムのせいで蒸発させるコトも出来ず ってコトなんだろうか
トリチウムは水素だから水を蒸発させれば一緒に蒸発して
大気中に出ちゃう だから補足が難しくドコの原発でも垂れ流し。

汚染水には蒸発させて大気に放出したらヤバイくらい
大量のトリチウムが含まれているンかね。
だから海に捨てたがるのか。
大量の海水に混ぜて薄めてナンとか誤魔化そうって魂胆か

っつうか ソレしか方法が無いんだろうな。



そして今日も福島第一原発では
400トンの汚染水が溜め込まれ
240000000ベクレルもの放射能が垂れ流され続けている。






















0 件のコメント:

コメントを投稿