右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年3月20日水曜日

またヒトリ・・・






震災から2年。
原発事故発生のあの日
私たちNHKは
SPEEDIの存在を知りながら
「精度の信頼性に欠ける」とした
文部科学省の方針に沿って、
自らデータを報道することを取りやめた。
国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。
私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない。


パニックを抑え
社会の均衡を保つための判断であった
としても、
統制された情報によって
福島県をはじめとした近隣住民の皆さんへ
長年に渡る不安を与えた事実を正面から受け止め、
償いを続け
それだけに市民に寄り添った報道を徹底しなければいけない。
僕は頭を下げながら一生この原発事故の取材を続ける。


自らあの日ニューススタジオにいながら
そうした事実を
きちんと伝えられなかったことに対し、
心から謝罪します。
福島の皆さん。
取材でそれまで沢山お世話になっていたにも関わらず、
役にたてなくて
本当に申し訳ありませんでした。


そうツイッターで反原発の意思を明確に表明していた
NHKのアナウンサーが辞意を表明した。

反原発の意思を表明した為にアメリカに飛ばされ
アメリカで反原子力の記録映画を製作すれば握り潰され

結局辞職へと追い込まれた。

原子力は国策だから
国営であるNHKは国策を妨害するような真似は出来ない。
つまり、NHKには国の不備を追及するジャーナリズムは存在しない。

民放はカネになびき 
国営放送は国に媚びる。

ソレが我が国のメディアの現状・・・。





















0 件のコメント:

コメントを投稿