右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年3月13日水曜日

原発作業員の内部告発







http://8bitnews.asia/wp/?p=5262#.UT_bdTeuRad



今年6月から原発作業員としてF1の収束作業の一部に関わって来た。

目の当たりにしたのは多重下請け構造の中行なわれる、
様々な不正とピンハネの実態。

18、19の未成年も含め、放射線作業の知識や経験もない素人集団が、
十分な教育も受けられないまま、
経歴を詐称させられ安い賃金で現場に送り込まれる現実に直面した。

原発の収束作業は今後何十年にも渡って続けられる。

誰かが現場にいかなくては、事故の収束はない。

それにも関わらず、
現場の作業員たちに対する使い捨ての構図は
あまりにも不条理であり、杜撰だ。

誰が労働者の権利を守るのか。

今、変えなければ
これから生まれてくる子ども達までも、
その不正の温床と向き合わなければならない。

2ヶ月間にわたる、不正の現場の映像記録による告発。

一刻も早い原発事故収束のために。






















0 件のコメント:

コメントを投稿