右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年3月29日金曜日

残って頑張って!という声をたくさん頂きましたが、 政界、産業界をバックにした会長筋からの圧力は強く、 闘いきれませんでした。






「NHK堀アナの退局の裏側にNHK現会長の“圧力”」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130323-00000000-tospoweb-ent

「原発問題は被災者への補償や賠償のこともあり、非常にデリケートな事案。
個人といえども、NHKの看板を背負った人物が勝手に発言されては困る」

つまり、国としては被災者への補償や賠償を
国民を騙しウソをついてでも出来るだけ少なくしたいのだから
国営放送であるNHKは、
クニの不利になるような情報を流すべきではない。
ましてや国策である原子力発電に対して
ツバを吐くような真似をして貰っては困る。

と、言うワケだね。

掘アナと話すと上層部からマークされるから、
積極的に話しかける者もいなかった。

小学生のイジメかよ・・・。

情けないハナシだな。

エエ歳喰った大人の、
しかも報道に携わる国営放送の一翼を担う人間が
ジャーナリズムのカケラすらも持ち合わせていない。

骨の髄までトコトン腐っとるなコノ国はよ・・・。





















0 件のコメント:

コメントを投稿