右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年10月22日火曜日

IIKAGENDE AKIRERU ERASOUNAKAOSHITA AHOUDOMO






「原発推進団体のIAEAが被曝線量限度を緩和しろと言っています」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000014526.html


守れないから決められた規則を緩めるのなら
規則なんてナンの意味も無いだろ?

決まりは守る為にある。

守らないとイケナイから決まりはある。

守らなくてもイイのなら決まりなんて必要ない。

決まりが在るのは守る必要があるから。

守る必要があるというコトは 守らないと不具合が出るというコトだ。

守らないと不具合が出るから 
決まりをつくったのだ。

不具合が出るからつくった決まりを守らなければドーなるか。

不具合が出るから決まりをつくったのだから 不具合が出るのはアタリマエだ。


ソンな決まりゴトをテメェ勝手な都合でコロコロと変えてイイワケがない。

ソンなコトは小学生の学級会での話し合いでも同じ答えが出るレベルだろ。


決まりを破るしか選択肢が無いのであれば
決まりを破りながら生き続ければイイ。

自分達がナニをしているのか
自覚しながら生きる為にも 規制は緩和してはいけない。

今現在 我々の生きている今は平常ではない。

東京電力福島第一原子力発電所爆発事故によって
環境中にとてつもない量の放射能が放出された。

そんな異常な世界に我々は生きている。

我々は異常な国で生きている。

我々は自分達の命を守る為に決めた約束を
破らないと生きて行けない世界で生活している。




















0 件のコメント:

コメントを投稿