右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年10月26日土曜日

最近のニュースって肝心なコトをナニも言わないンだけどナンでだろ???









「福島の約9割の学校で屋外活動制限が解除に」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131025/k10015537771000.html


「校庭の除染が進んだから」と言ってるけど
じゃあいま実際に学校の校庭がドレだけ汚染されているのかは言わない。

まるで汚染されていないかのように一切触れない。

汚染されていないワケがないのに・・・。

もう諦めちゃってるダケだろ・・・。


子供達が生活している環境の現状の汚染がドレくらいで
その数値で活動して本当に問題が無いのかどうか

規制を解除するのなら
その規制を解除した責任の所在をキチンと明確にするべきだろう。

後々に問題になったときに
ダレが解除したのか責任の所在がハッキリしないようなヤリ方は
非常に問題である。

でも、そのようなヤリ方しか出来ないのだろうな。

ダレも責任をとらなくてもイイようなヤリ方しか出来ない。
ダレかが責任をとらされるようなヤリ方だとダレも決定を下せない。

つまりソレ位ギャンブルだというコトだ。
自分が責任を取らなければならないのならヤバ過ぎて決定を下せない
ソレくらいのギャンブル。


本来であれば
子供たちが放射線の影響を受けるので屋外で運動できない と言うのなら
放射線の影響を受けない所で運動させる というのが
アタリマエで当然で常識的な選択だろう。

親が「それが出来れば苦労はしない」と言うのなら

健全な環境で子供たちを育てるという
親としてアタリマエの義務を果たせない というコトだ。

ダレかのせいにして義務を果たさないのは
果たしてダレの責任なのか

子供たちを守る立場のニンゲンが真剣に考える必要がある。

守りたい子供達が居る。

ダレが子供達を守るのか。

その子はダレの子供なのか。

自分に都合が悪いからといって問題を直視しなくてイイのか。

自分に都合が悪いからといって問題から逃げてイイのか。

自分に都合が悪いからといって諦めてしまってイイのか。


子供を守る立場のニンゲンが真剣に考える必要がある。

ソレが親としてアタリマエで当然の務めだ。


親としてアタリマエで当然の務めが果たせなのなら なぜ親になった。

親としてアタリマエで当然の務めが果たせなのなら なぜ生んだ。


 
目の前に居る我が子を観て見ろ 
オマエのコトを100%信頼している我が子を。




















0 件のコメント:

コメントを投稿