右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年10月30日木曜日

なぜ? ゴミクズ扱いされているのをわかっているのに、なぜ納得しようとしてるんです!先人たちに申し訳ないとは、子々孫々に恥ずかしいとは思わないですか?誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。 深い傷を負う覚悟で、前に進まなければならない。 戦うということはそういうことだ。 愚痴なら墓場で言えばいい。













ドラマとか観ないから知らんかったンだけれど

コレを観てナニも感じないのならニッポンジンをヤメた方がイイよ。



































0 件のコメント:

コメントを投稿