右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年8月5日火曜日

HEKONIS-BBQ #03







細切れになりながらもクルーズの集合場所である中津川市役所の駐車場に到着




入り口で出迎えているのはピカピカの620





620は本当に美しい





もうコレを超える美しいデザインのミニトラックが生まれて来るコトは無いだろうね。






トラックという直線を基調にした車両に巧みに曲線を融合させている。





エキゾチックなスーパーカーに匹敵する美しさだ






ソンなピカピカのステキなクルマをステージ代わりに・・・






開会の御挨拶とクルーズの注意事項を



















ヘコニスメンバーズ





620といえばWピックという珍車も






トランクでなく荷台になってる





コレをベースでクーペとかバンとかファントム創ったら面白いよなぁ~♪♪♪





駐車場は多ジャンルのゴッタ煮状態 ソレがヘコニスwww。
















XXと書いてダブルエックスと読むセリカダブルエックス

海外仕様はスープラと呼ばれていた。

後に国内でもスープラと名を変えセリカは消えてしまった。






2.8GTではなく5ナンバーのGT ツインカム24

今ではDOHCナンて珍しくも無いけれど
この時代のフォーバルブのダブルオーバーヘッドカムシャフトは
自慢出来るハイパフォーマンスなハイグレード車両だった。






チラリと見える誇らしげな16バルブのステッカー












もはや車名すらもワカランwww。
でもガッツリ落とした車高がヘコニス♪♪♪www。





サニーなんだねコレ・・・。






オレが免許とった頃はコー言うデザインのが主流だったなぁ・・・。

ウチの車はカクカクのカムリだったっけ。





デリボーイは今大人気で100万以上するらしいよ(@@)






コレがコノ日のFunnyピック♪♪♪






実は車名すらワカランのだけど とってもカッコイイ♪♪♪







コノ落ち具合とウィールチョイス






このブリキちっくなウィールに






ウィールに合わせてコーディネイトしたブリキちっくなミラーのチョイス♪♪♪






イイよね♪♪♪




カスタムというのはモチロン ベースとなる車種選びも大切。

でも幾らベース車が良くても仕上げ方がダサいと台無しになる。

決めるトコをキッチリ決めれば ベースとなる車種を外してもカッコ良く決まる♪♪♪

そして ソノ「外しの美学」を極めるツワモノが選ぶのが「ヘコニス」というジャンルなのだ。


定番は確かにナニも考えなくてもキマる。

でもソレって「普通」ってコトでもある。


ナンの為にクルマをイヂるのか。

今一度自分に問い質してみるとイイ。


「普通」にする為にクルマをイヂってるワケでは無いだろ?


他との差別化の為にイヂってるンでしょ??


「ヘコニス」は忘れかけていたソンな思いを思い出させてくれる。


「ヘコニス」というクルマとの付き合い方。

イイね。





























0 件のコメント:

コメントを投稿