右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年11月14日月曜日

Deadly Ekiden





本日の愛知県春日井市はくもり


放射線量は

地上1mで0.12μsv/h

地上5cmで0.14μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。




フランスのルモンド誌が東日本女子駅伝について取り上げている。


福島県の決定により開催されている。

イベントは、サンケイスポーツの支援を受けて、
東北・福島のテレビ局と陸上競技連盟が主催するだけでなく、
トヨタ、JR東日本鉄道とミズノが支援。

9月に、主催者は、放射線の危険性は無いと主張した。

"何か起こった場合、
それは【主催者】の責任ではない"と
選手に署名させた!

致命的な駅伝 Deadly Ekiden ...

イベントは、トヨタ、ミズノ、JR東日本鉄道と市民の支援を受けて、
福島テレビと東北体育協会が主催しています。

担当者は、放射線の危険性を言及していない!

最も放射線に弱いのは【中高生の選手】子供達である!




It is strange to see That Fukushima Prefecture Authorities Decided to Maintain ITS traditionnal junior high school and high school Ekiden (駅伝, a traditionnal long-distance relay in Japan).
So the 27th edition has-been Held on November 13th in and around Fukushima city, one of the MOST radiation Affected city.
Girls from 17 prefectures (Tohoku From aussi goal from Tokyo) are Participating.
The event IS Organised by Tohoku Athletic Association, Along With Fukushima TV, with the support of Toyota, Mizuno, JREast (Railway Company) and Citizen.

People in charge are not say a radiation hazard.
In September, the air THEY Measured radiation level Along the course, and Said it is over a microsievert per hour maximum and That It Is trending down.
Fukushima City Decided to decontaminate the Shinobugaoka rentals Including Athletic Field Which starts and finishes the Ekiden.

Based On That, why, After sources Organisers ask girls to sign a statement if Saying There Is a problem, It Is not Their responsability?
It's strange for a competition That Is Supposed to be good for health. Because It Is Also The Most strange persons vulnerable to radiation are children.


「死の駅伝 The Ekiden of death」
http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-243.html








東北陸上競技協会理事長・安田信昭


「放射線量も毎週計測して、大丈夫だという判断になっています。
駅伝なので走る時間も限られている。
復興の象徴として盛り上げようとしているのに、この発言は風評被害になりますよ。
福島県民に対して失礼なんじゃないか」

コース上では21μsv/hを計測したトコもあったそうな。


http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/postseven-20111114-70283/1.htm












0 件のコメント:

コメントを投稿