右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年11月17日木曜日

原発を止めるのに右も左もないイデオロギーは糞くらえ





公安の手先となって左翼運動を潰すことしか能のない街宣車右翼とは趣を180度異にする。

「麗しき山河と子供たちの命を守れ」
「原発事故に際しては右も左も関係なくやらないと上手くいかない。
イデオロギー対立になって喜ぶのは権力だけです」

脱原発は“生活と命を守るため”に人として掲げる当然の声
左右の垣根がなくなれば、脱原発はさらに国民の間に広がるようになる














0 件のコメント:

コメントを投稿