右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年11月16日水曜日

被爆食品よりも安全な食品の方が儲かる




「イオンが放射性物質“ゼロ”宣言!」

イオンだけに「オマエが言うな!!信用出来ん!!」
と言われればソレまでだから
ソコんトコは指摘しないようにwww。

まぁイオンが被爆食品に見切りをつけたというコトはだ
「被爆食品を扱うよりも安全な食品の方が儲かる」
と、ふんだからだわな。

事故から半年以上経って、
放射能の食品への移行係数なんかがボチボチ判って来たので
基準値以下の食品の入手が
採算ベースで可能であると判断したとも言える。

他の大手もコレに追従してくれれば嬉しい。

「キチンと計測して安全なモノだけを流通させる」

至極当然のアタリマエのコトがやっと始まったワケだ。



「福島は規制値をギリギリ下回っている事を確認しています」

「もうサカナは食べられない」

東北で取れたサンマが関西の加工業者に大量に送られている。
放射能検査は何もしていない。
テレビ朝日でやってたそうです。

「神奈川県南足柄市干しシイタケから730Bq/kg」

「横浜で栽培のシイタケが基準値超2770Bq/kg」

牛肉の検査は1万件を超えます。
ソレに対して、キノコ類などの検査は420件しかしていない。
牛肉は1万件を超える検査でも暫定基準値を上回るモノが流通している。

キノコ類はセシウムの移行率が非常に高く危険な食材。
なのにシイタケの検査は420件
シイタケ以外のキノコ類などは殆ど検査されていない。

危険な食材は重点的に検査出来るように態勢の見直しが必要だろう。

加工食品のチェックも早急に体制を整える必要がある。


「イマサラ言うまでも無いけれど、福島産のキノコは危険ですよ」

ウチでは国産キノコは産地問わず全面禁止です。





山崎製パンは岩手県や宮城県産の米粉を使っています。
菓子パン等は乳清や乳化剤とかも多く使っていますので
ウチでは全面禁止品扱いです。

永谷園の麻婆春雨、麻婆茄子、チャプチェ、海鮮ビーフン
全ての生産は福島工場です。
材料を海外調達しても水が汚染されていたら意味が無い。
そういう意味で食品の生産地は要チェック項目ですよ。














0 件のコメント:

コメントを投稿