右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年11月25日金曜日

これは紛れもない事実です。





本日の愛知県春日井市は晴れ


放射線量は

地上1mで0.13μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。









政府は何も調べない。
テレビの報道部も新聞記者も、何も触れない。

3月11日の午後7時に、国土交通省は49台のバスをチャーター
バスの行き先は「とにかく住民を乗せて西の方角に行って欲しい」
だが、国土交通省にはSPEEDI情報が伝えられず
大熊町の住民を乗せたバスは被爆した。

14日に3号機が爆発、15日早朝には2号機、続いて4号機も水素爆発。
だが、情報統制していた福島テレビは、その映像を流さなかった。
何日も、何日も・・・。

原子力安全・保安院の連中は、
住民を置き去りにして自分たちだけ逃げた。

東電は3月11日に社員にだけ
「家の窓にガムテープで目張りをして、決して窓を開けるな」
と通達していた。

現場からは、3月11日の午後5時12分に
第10条通報(メチャメチャヤバイ緊急事態)が発せられた。

ものすごい量の報告書が、
現場の吉田所長から東電に逐一送られた。

それらの報告書は、
福島県知事、大熊町役場、二葉町役場にも送られている。
何回も、何十通も。

だが、町議会にFAXは届いていたが、議会は情報を外に出さなかった。
そして、この10条通報を知っていた人だけが逃げた。

福島第一原発で原子炉が重大なことになっていることを
自治体が知らなかったなどということは、ありえない。
どの自治体も100%知っていた。

すべて知りながら、
住民を被曝から守ることを一切やらなかった
泣き芸以外に取り得のない福島県知事、市町村の首長、
そして弁護士資格を持った「知らないの豚」は、
今日も何食わぬ顔で生きている。













0 件のコメント:

コメントを投稿