右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年11月8日火曜日

この道は破滅の未来へ続いている





本日の愛知県春日井市は晴れ


放射線量は

地上1mで0.12μsv/h

地上5cmで0.12μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。






「元原発広報勝間和代VS山本太郎」

「この道は未来へ続いている???」

11月13日に開催される「東日本女子駅伝」
福島市内を走行するコース
出場選手最年少ランナーは13歳。
中学生、高校生がメイン。

放射能の感受性の高い若者 しかも女子を
全面マスクを必要とする線量の中で走らせる。

どう考えても若い未婚女性が走ってよい地域では無い。

せめて雨が降らないことを祈ろう。

「東日本女子駅伝」
■主催
東北陸上競技協会 福島テレビ
■主管 福島陸上競技協会
■後援 公益財団法人 日本陸上競技連盟、福島県、財団法人 福島県体育協会、福島市、
福島市教育委員会、福島市体育協会、福島民報社、ラジオ福島、サンケイスポーツ、
福島リビング新聞社
■協賛
ケーズホールディングス
■協力 トヨタ自動車、シチズン時計、ミズノ、JR東日本





「夢をかなえたくても、原発を止めなければ明日が来るかもわからない」

今の世の中を作った大人が尻拭いをしよう。













0 件のコメント:

コメントを投稿