右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年11月14日金曜日

目先の利益を追い求めるコトが「善意」なのかどーか 今一度よくよく考えてみる必要がある 経営者としては当然のことであってもソレが正しいコトであるというワケではない









「目先の利益確保をあらゆることに最優先させるコトが正しいコトなのか」

http://blogos.com/article/98606/


国民国家の最優先課題は安定的に継続すること

何のアイディアもなく国家戦略を持たない人たちの結論が

「再稼動」


福島の事故による放射能汚染で、日本は国土の一部を半永久的に失った。

国土を失ったのだよ。

自分達の不始末で。


我々は その現実と向き合い間違った考え方を正し

未来に向けて国民国家が安定的に継続するよう

未来を見据えて方針を転換して行かなければならない。


なのに実際はドーだ。


バカは福島を見捨てて他国を貶すコトに血道を上げている。

放射能まみれの食いモンを食べるコトで福島を救えると本気で思ってる。


消せない汚れを流通させれば

確実に汚れは広がり運ばれた地で汚れが蓄積されていく。

ソレが本当に正しい選択なのか。


なぜ未来を切り捨てるかもしれないリスクを冒してまで目先の金を欲しがるのか。


問題は原発の再稼動だけではない。

我々の心の中に一番厄介な問題が潜んでいる。


「ヒトは自分の都合の良いようにモノゴトを考える」


ソレは オレにもアナタにも言えるコトなのだ。



































































0 件のコメント:

コメントを投稿