右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年4月25日金曜日

マトモに消すコトも出来んようなモノを「叡智」だと言う老害







「最終処分場をどうするか数十年間解決できていない現実がある」

http://jp.wsj.com/article/JJ11848936954586053763818128608802497853394.html


テメェの仕出かしたコトをテメェで後始末スルのは
当然のコトでアタリマエのハナシでソレは義務でもある。

テメェの義務が果たせないようなモノを「やらせろ」と言う。

やらかしたコトの後始末をする という責任が果たせないのに
どのツラを下げてモノを言うのか と普通は思うのだが
自分さえ良ければ「責任」など知ったコトではない と考える輩共は
「テメェのケツなんざ拭かなくても そのうちダレかが拭いてくれるだろ」 
と思っているようだ。

我々ニンゲンは他の命を糧に生きている。
我々ニンゲンは生きているダケで多くの命を犠牲にしている。

だからこそ命の尊厳を踏み躙ったり 
命を蔑ろにしたりするようなコトは
出来るだけ避けていかなければならない。

自らの快楽の為に
コノ地球の環境を取り返しのつかないコトにしてしまうような
核などに手を出すべきではないのだ。

モチロン義務や責任といったハナシは核だけに限ったハナシでは無い。

自らが楽をしたいが為に環境を破壊したり
自らが楽をしたいが為に命を軽んずるような行為は
のちの未来に多大な負担を押付けるコトになる。

自らの後始末を自らで出来ないのであれば
ソンな行いはヤメなきゃイケナイと考えるのがアタリマエのコトである。

だが ソレが出来ないニンゲンが今のニッポンには大勢居る。

ニッポン人の半数が
「オレは我慢したくないから未来の人御願いね」
そう考えているのだ。

だから原発の問題が「クニを二分する論議」と言われるようなコトになる。

ニッポン人の2人に1人が
「オレは我慢したくないから未来の人御願いね」
そう考えているのだ。

そうぢゃ無きゃ「クニを二分する論議」にはならない。

自分の隣に居るニンゲンが

「オレは自分の快楽の為なら他の尊厳を平気で踏み躙るよ」

と思っているのだ。

ソレってスゲェ恐ろしいコトだよね。

遠いドコかのダレかのハナシぢゃあ無いンだよ。

自分の隣に居るヒトがソー思っているンだ。

「クニを二分する」って言うのはソー言うコトなんだよ。

ある日隣に住んでいるヒトにイキナリ言われる日が来るかもしれない。

「オマエとは立場が違うんだよ」 ってね・・・。

































0 件のコメント:

コメントを投稿