右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年4月21日月曜日

原子力発電は反社会的存在で将来の世代に責任を持てないエネルギー







「原発は将来負担を無視した国家ぐるみの粉飾決算」

http://archive.today/fHmdU#selection-1201.23-1201.41


より良い国や社会を構築するために健全性とは何かを考える。

ヒトとしてアタリマエのことだね。

自らの利益ダケしか考えないのではなく
その先にナニが待ち受けていてドンな影響が起こりえるのか
キチンと考えて正しい道筋を選ぶ。

皆ンながヒトとしてマトモにモノゴトを考え
正しい道を選択していけば
世の中はより良い方向に進んでいく。

でも、自らの利益しか考えず。
自らの行動の先にナニが起ころうが知ったコトではない。
自分達さえ楽が出来ればソレでいい。
そういう選択しか出来ないニンゲンが大勢居る。

だからヒトとしてアタリマエのコトをアタリマエにやろう
といっているダケのハナシなのにも拘わらず
「クニを二分する論議」とか言うハナシになるワケ。

ヒトとしてアタリマエに正しい選択をして
自分達の住むクニをより良い方向に導いて行こうとは考えられず

「ナンでオレが我慢せなアカンのぢゃ」
という輩が半数も居るワケよ。

だからヒトとしてアタリマエのコトをアタリマエにやろう
といっているダケのハナシなのにも拘わらず
「クニを二分する論議」とか言うハナシになるワケ。

コレはナニも原発に限ったハナシではない。

このクニの国民の腹の中の到るトコロに巣食っている。

実に情けないハナシである。

が、残念ながらソレが現実なのだ。

































0 件のコメント:

コメントを投稿