右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年1月13日月曜日

関東の浄水場で水道水をつくる過程で取り除かれた汚泥から300ベクレルを超えるセシウムが・・・









http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/shinsai22/pdf/data_today.pdf


セシウムは泥と結びつき易いから
汚泥を取り除くコトで大半が除去出来ると言われている。

だがストロンチウムやトリチウムは そうはいかない。

水道水の検査はヨウ素とセシウムだけですよねェ・・・。

コレだけセシウムがあるというコトは
当然ストロンチウムもあると考えた方がイイのではないだろうか。


























0 件のコメント:

コメントを投稿