右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年8月6日火曜日

通常の平常運転の原子力発電所を運営していく中で、どうしても放出されてしまう放射能は10兆ベクレル(@@)








「No2_東電記者会見(2013/8/2)汚染水1日400トン海へ」

http://www.youtube.com/watch?v=Y9_iQyvW__c



原子力発電所は事故を起こさなくても
平常運転でも10兆ベクレルもの放射能を漏らしている。
ソレらは殆どがトリチウムで三重水素と呼ばれる放射性物質。

水素なので水や水蒸気に含まれていて
分離捕獲するのに莫大なカネがかかる厄介なシロモノ。

そんなトリチウム対策をイチイチやっていては
原子力発電のコストが莫大に跳ね上がってしまう。

だから 「垂れ流しても大丈夫」というコトにしてしまおう
というコトになったワケ。

「安全だから」ダイジョウブ なのではない。

「カネがかかるから」ダイジョウブなコトにしてしまった のだ。

だってしかたが無いだろ? 
ダイジョウブなコトにしないと原発動かせないンだから。

高い高い排気塔から夜中にコッソリ放射能放出
遠く沖に伸ばした配水口からチョロリチョロリと放出放出

その量たるや原発一基で年間10兆ベクレル!!!

ソレがアタリマエでソレが平常

「その為に税金からカネをクレてやってンだろうがよ」

原発立地地周辺住民は 知っててもダンマリ

奇形のサカナやオバケサザエ

白血病や先天性の免疫疾患

イロイロと出ているのに 知っててもダンマリ




自らの被曝と引き換えに得たモノはナンですか?



















0 件のコメント:

コメントを投稿