右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年2月1日金曜日

アメリカは たった1本の断層で原発の建設を中止にした







「へェ~ 活断層が危ないってェのは風評ナンだ・・・www。」

http://www.dailymotion.com/video/xx2ixm_yyyyyy-yyyyy-yyyy-yyy-yyyyy_news#.UQh_f_I0aXU


東京大の岡本孝司は
活断層がどうかなんてのはドーでもいい
と言っている。

首都大学東京の山崎晴雄は
活断層が危ないというのは風評だ
と言っている。

アメリカは 

たった1本の断層で
原発の建設を中止にした

たった1本の断層でだ。


なぜ地下に活断層があると疑われる原発を
こんなにも強引に再稼動したがるのか



安全じゃない原発を稼働させるのは経営上の都合

 
「原発を爆発させたいからだ!!」

なんていう説まである。

電力会社は原発廃炉費用というモノを積み立てているのだが 

その積立金が今現在では全然足りていない。
原発の廃炉が決まってしまうと、お金が払えず経営破綻してしまう。 

だから破綻を防ぐ為に
原発の寿命を40年か60年に 無理やり延ばそうとしている。 
それで原発が事故を起こして爆発してしまっても
国民負担で廃炉に出来る。


正当な手続きで廃炉にすれば、電力会社は潰れるが
事故を起こして爆発させれば電力会社は潰れなくて済む。



すべてが「とんでも説だ」とは言い切れない。


 

電力各社「廃炉費、負担する余裕ない」

http://news.livedoor.com/article/detail/7358204/






































0 件のコメント:

コメントを投稿