右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年5月30日金曜日

日光か・・・







「日光市足尾の渡良瀬川のイワナから基準値超えセシウム」

http://www.crt-radio.co.jp/6038.html



「日光の農林水産物の放射性物質自主検査結果」

http://www.city.nikko.lg.jp/nourin/jisyukensa/documents/h26kouhyou0519-0523.pdf


 放射能に一度汚染されてしまうと
簡単には消えんわね・・・。

基準を超えたコトがバレたら出荷停止
でもホトボリが冷めたらまた出荷再開。
当然バレなきゃ出荷し続ける。
ソレの繰り返し。

ソレで「汚染商品対策」になっているワケ?

場当たり的な対応しかしていないけれど
何故基準値を超えるようなモノが出るのか
キチンと考えんとアカンのとちがうの?

場当たり的な対応を繰り返したって
問題の根本的な解決には繋がらない。

そしてダレも
問題の根源を解決に向かわせようという努力はしない。

以下昨日の投稿の繰り返し・・・。

http://funnycustom.blogspot.jp/2014/05/blog-post_29.html


「生活のため」「立場が違う」「しかたがない」





































 

























0 件のコメント:

コメントを投稿