右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年5月10日土曜日

あの時 生き埋めになっているヒトを救助しに行けないほど放射能で汚染されていた 亡くなった方の遺体すらも放射化して回収出来なかった 被曝したヒト達は隔離され着ていた服を全て破棄させられ全身を隅々まで除染させられた 









「12日の朝7時半に逃げて3月20日前後に鼻血が2日間止まらなかった」

http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/secure/4121/20130403_10thiinkai_gijiroku.pdf


事実を自分達の都合の良いように捻じ曲げ
嘘と偽りと誤魔化しで塗り固めて
「生活のためにはしょうがない」とイイワケをしながら
図星を突かれると猛烈に脊髄反射して叩いて黙らせる。

ソレでも真実は変わらない。

ドレだけ誤魔化してもドレだけ捻じ曲げても
真実は変わるコトはない。

己の愚かさに蝕まれているのは己自身であり叩いている相手では無い。 

溜飲を下げたトコロで真実は変わらない。


命に「立場の違い」など通用しない。

真実は無慈悲に命に平等に降り注ぐ。




























0 件のコメント:

コメントを投稿