右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年5月14日水曜日

読み取り能力が不足していて論点が理解出来ないヤツらを相手にするのは時間の無駄












福島第一原子力発電所爆発事故の影響は様々なカタチで現われてきている。

鼻血はソノほんの一端に過ぎない。

原作者が読者に対して訴えたいコト 問いかけたいコトは
福島で鼻血が出ているのか出ていないのかではないだろ??

「隔離保管が原則の放射能をバラ撒いておきながら
 今のままのヤリ方で本当に良いのか??」

というコトを問いかけているンぢゃあ無ェの??

「風評だのナンだのって言っている場合では無いンぢゃあ無いの??」

って言いたいンぢゃあ無いの???

福島で鼻血が出たヒトが大勢居たのか居なかったのか
ナンてコトを言いたいンぢゃあなくて
鼻血が出ると「被曝のせい?」と
疑わないとイケナイほど被曝してしまったヒトが
実際に現実として存在する という事実がある。
というコトを忘れてはイケナイ と 作者は訴えているンぢゃあ無いの???

あの日 実際に現実に猛烈な量の放射性物質をアタマから浴びて
呼吸と共に肺に吸い込み 食品や水と共に体内に取り込み
カラダの内と外から とてつもない量の被曝をして
3年たった今も尚まだ
放射線管理区域並みの被爆を日常的に受けて暮らしているヒト達が居る。

自分がそんなヒト達の立場だったらどう思うだろうか。

放射線を過度に浴びるコトが危険なのは解かっている。
放射性物質を体内に取り込むコトが非常に危険を伴うコトも解かっている。
放射能は隔離管理が原則であるコトも解かっている。
放射能の被害を未然に防ぐには
放射性物質から離れるコトが最大の防御であるコトも解かっている。

でも避難出来ない。
避難したくても避難出来ない。
避難させてももらえない。

そんなヒト達が抱えている「被曝した事実」
ソレを無視するコトが
果たして「被害者に寄り添う」というコトになるのだろうか。

事実から目を背けて 住まない方が良い場所に住まわせ
安全とは言えない場所で生活を余儀なくさせている事実に対して
騒いで居るヤツラは どう申し開きをするのだろうか。

































0 件のコメント:

コメントを投稿