右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年6月18日月曜日

Street Car Nationals in SUZUKA 2012 反省会





The blog text is not related to images.



昨晩はSCN鈴鹿の反省会で御座いました。




今の場所(鈴鹿サーキットキャンプ場)に移ってもう何年になりますか
何度やっても反省する点や改善しなきゃいけない点が出てきます。







毎年毎年ナンやカンやとスタッフで無い知恵を出し合って
エントリーの車両が出来るだけスムースに搬入出が出来る様に
ヤリ方を少しずつ変えてみたりしております。







今の方法になって、随分と搬入がスムースになって
ボチボチ方法も確立されてきた感じなので
コレ以上大きく変更する必要は無さそうな感じではありますが
まだ改善できる点があると思うのです。






左右のレーンを出来るだけ均等かつ有効に利用出来るように
人員を配置して臨機応変に指示が出せれば
もっとスムースに搬入出来るはずなンですよねェ・・・。






その為にはスタッフの人数が全然足りない・・・(><)

来年の課題はスタッフの確保ですねェ・・・。


求む!スタッフ!!





あとはエントリー台数の制限ですかねェ・・・。






搬入経路が良くなっても、
停める場所が少ないので搬入後半の渋滞が緩和されない。



今年はアメフェスと日にちが重なったので
エントリーや来場者が減るかなぁ・・・と思っていたのですけど

蓋を開けたら例年通り。
エントリーの展示車両台数は去年を上回っておりました。

アリガタイコトで御座います・・・m(_ _)m






エントリー台数が多いのは在り難いコトではありますが、
やはり500台オーバーは、あのキャパには多過ぎです。





それにまぁ、
500台を超える数のクルマがエントリーしてきますと
色んなヒトが居るワケで御座います。

中にはヒトとしての非常に程度の低いヒトも居るワケで・・・。





ナンとかしてインチキしてやろうとするヒトとか
ルールを無視して無理強いするヒトとか
ゴネてヒトより得してやろうと考える輩とか・・・


皆ンなが「イベントが円滑に行なえるように」 と
ルールを守って譲り合って我慢しているのに
自分だけゴネて得してやろうと考える。

スタッフを欺いて自分だけ些細な得を得ようとする。

そんなヒトとして程度の低いチンカスってェのは
ドコの世界にも居るワケです。

残念ながらSCN鈴鹿でも毎年何人か居るンです。




楽しむ為のイベントで
ゴネて主催側を無理やり従わせて
ナニが面白いんでしょうね。
その瞬間だけ楽しけりゃエエんでしょうか?
来年も同じ様に参加できると思ってるんですかね??

オレには全く理解出来ない行動なんですけど・・・。


ヒトってェのはヤラれたコトはシッカリと憶えとるでねェ・・・。


ソーいうニンゲンの程度の低いヒト達って
間違い無く主役であるクルマの程度も低いンですよねェ・・・www。
「アンタちょっと場違いじゃね?」
っていうクルマで平気でエントリーしてくるし

あーいうヒトって空気が読めないンですよね。
会場内で自分らだけ浮いてても全然平気なンすよwww。

だから平気でゴネられるンですね。




主催する側としては
来て頂いた皆様全員に平等に楽しんでもらう為にも
トラブルを未然に防ぐ為にも
ソー言う「ゴネ得」とか「ヤリ得」と考えるヒト達には
参加を御遠慮願いたいので
「ナンとかして事前に排除出来ないモノか」
と 考えるワケです。



あとはね、イベントの雰囲気とか大切じゃないですか、

ああいうイベントって、
「浮世離れした雰囲気を楽しみに来ている」って面も大きいワケで、

そんな雰囲気を「台無し」にするような車両が居ると
「ソレってドーなのよ」って思いますもんねェ・・・。



で、結局、主催者サイドとしては
縛りを設けて、そういう輩がエントリー出来ないように対策をするしか
方法が無いワケです。

ウチのVM-RUNなんかと同ンなじですわ。
極々一部の輩のオカゲで、
善良な其の他大勢のヒト達が十派一絡げで扱われてしまう。





今現在、
主催側としては円滑なイベント運営の為にも
展示場所による不公平感を出来るだけ無くす為にも
エントリー車両の台数を減らす方向で考えています。

具体的には、今よりも100台くらい台数を減らしたいと考えています。




なので、
トラブルを起こしたりインチキしたりする輩は
翌年からのエントリーを拒否させてもらうそうです。
もちろんスワップミートでの出展の業者様も同じくです。





しかし、運営サイドに居ると、
色んなコトがよ~く見えてきますね。

素晴らしいクルマに乗る人達は
人間的にも素晴らしい人達であるということ。
良いモノを扱っている業者さんは
ニンゲンの扱いもとても誠実であるということ。




下手に出るとツケ上がる程度の低いヤカラは
クルマの程度も低いというコト
ヒトを欺いて自分だけ得をしようとするようなヤカラは
扱うモノもショボく暴利であるというコト

ドコの世界も同ンなじ。
アメ車もChopperもモンキーも大差ないですわ。




「円滑で安全なイベントの運営を第一に考えて動いているスタッフが
イヤな思いをして我慢しなければイケナイのならば
そういう人達は次から来て頂かなくて構わない」

今回主催者から、そうハッキリと御墨付きを頂きました。




まぁね、我々スタッフは全員ボランティアですからね。

今の主要スタッフは殆どが関が原の頃から手伝っている人達ばかり。

オレも第2回目から手伝ってますので
自分達がSCN鈴鹿をつくり上げて来たという自負があります。

だから、ナニ言われても拳握って「グっと」我慢しますけれど
理不尽なコトをヤッタモン勝ちな結果には
まったくもって納得いってナイですから・・・。



ソンなコンナで、
来年からはエントリーに対する制限が増えるコトになるかと思います。

とばっちりで参加出来なくなる方達には誠に申し訳ありませんが
何卒御理解の程を宜しく御願い致しますm(_ _)m




皆様もくれぐれも御気をつけ下さい。

「スタッフに嫌われたら翌年から出入り禁止」

ですよwww。



ヒトとして誠実に

ナニゴトでも同ンなじですわ


来年もより良いイベントとなりますように
宜しく御協力を御願い致します・・・m(_ _)m




エントリー規約等は必ず主催者の正式発表と照らし合わせの上で
御確認を御願い致します。














2 件のコメント:

  1. はじめまして、いつもブログ拝見させていただいております。
    全くの同感です!

    SCN鈴鹿には伺えませんでしたが、どこにでもいますね!
    そういう空気を読めない輩が…どういう教育を受けてきたのでしょうか…と思います。

    返信削除
  2. Black Smithさん>コメントありがとうございますm(_ _)m

    ヤカラはドンナ世界にも居て
    そーいうのは極々一部のヤツらなんですよね。
    でも、ヤラれた方はドーしてもヒト括りで見てしまう。

    まぁ、チンカスのツレや仲間らは止めるどころか
    注意すらしないワケですから同罪なので
    別にドーでもエエとしても
    ナンも関係ないのに「同じジャンル」ってだけで
    ヤカラと同列で扱われてしまう
    その他大勢の人達が非常に気の毒ですわ。

    返信削除