右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年6月27日水曜日

10300mSv/hの廃炉は可能なのか





本日の愛知県春日井市はくもり


放射線量は

地上1mで0.13μsv/h

地上5cmで0.14μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測×10の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。



「2Sv/hで5%が死に4Sv/hで50%が死ぬ 7Sv/hで100%が死亡」


10000mSv/hということは毎時10Sv/hということ。
6分で急性症状が出て、
1時間で腸死を起こし3日~4日で死ぬ。

6分で急性症状が出るような場所の廃炉が本当に可能なのか?

こんな人類の手に負えないようなモノを
子々孫々まで有無を言わせず無理やり押し付ける原子力発電という愚かな行為。

そんなにまでしてカネが欲しいのか?
そんなにもカネが大切か?
カネがあれば豊かなのか?
カネがあれば幸せなのか?

こんなモノを残す世の中が本当に幸せと言えるのか?

こんなモノを残す世の中のままで
幸せな未来に向かって行けると本気で思ってるのか?

こんなモノを残す世の中のままで未来に希望を見出せるのか?

オレには絶望しか観えて来ないよ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿