右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年3月16日金曜日

46都道府県に使用済み核燃料を分散して保管する



「原発の電力を使っている大都市圏の受益者も、それに応じて負担をしなさい」


イイんじゃない。
ソレで原発を諦めるのなら受け入れますよ。

でもって金払って原発立地地域に預かって貰えばエエワケでしょ?
原発立地地域は原発が止まっても交付金が止まっても
使用済核燃料預かり金が入ってくるという仕組みなワケね。

原子力から撤退するのなら
使用済核燃料処理問題は、
今まで電力を使ってきた者達全ての問題となる。

原子力から撤退出来るのならソレくらいは頑張る覚悟は出来ているよ。

まぁ
安全性より金を選ぶ そんな自治体はワンサカあるから
引き受け手は幾らでもあるとおもうよ。

未だに、この期に及んでも
「原発を再稼動させるぞ」
なんて言ってる 
重度の原発マネー中毒な自治体があるくらいだからさwww。

健康被害と安全性を金で売る

やるコトは今までと大差無いしね。

でも原発を続けるのか諦めるのか

結果には大きな大きな違いがある。

原発を諦めれば未来が生まれる。
原発を諦めれば希望が生まれる。

 希望さえあればオレ達は頑張れる。













0 件のコメント:

コメントを投稿