右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年12月16日金曜日

島田市市長は産廃業者とベタベタ





PC復旧のためUpが遅れまして申し訳ありません。



無事復旧完了しツイッターのチェックも終わりました。
DMのチェックも出来るようになりましたので御報告まで。


本日の愛知県春日井市は晴れでした。

放射線量は

地上1mで0.13μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。



「静岡県島田市が瓦礫受け入れ」
静岡のがれき受け入れる場所の近辺には食品工場が多数ある。
島田市にはネスレや紀文、大井川川下に日清、味の素クノール

ちなみに島田市市長は産廃業企業の経営者上がり。
そう、ココも金。

「福島への放射性セシウム降下、45都道府県合計の47倍 」

6836050Bq/kg

「阿武隈川河口で52500000000Bq/kg」

宮城県は、どんなに県民が望もうとも日本で唯一「雨の測定」を行わなかった。
そして、根拠なき安全宣言を早々に出した。
その安全宣言にせいで汚染牛の発生源になったしまった。
それでも今尚、この期に及んでも、
放射能の測定に決して向き合おうとしない。

「最悪宮城県 やっても騒がれるだけだから調査はやらない。」
「調査は、やらないほうがいい。やっても余計に騒がれるだけだ」


「除染作業難航 福島市大波地区」

「放射能は人間関係も切っていく 除染費用で土地を買い上げてほしい」







取り返しのつかないことが
もうすでに動いてるんだぜ
















0 件のコメント:

コメントを投稿