右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年12月20日火曜日

匿名の大勢の人たちによって社会はねじ曲げられ、加害者は被害者となり、被害者は加害者となる





本日の愛知県春日井市は晴れ


放射線量は

地上1mで0.13μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。






加害者がはっきりしない、特定の悪役がいない社会ほど、
根が深い恐ろしい社会はない。

独裁者よりはるかに恐ろしい個人が見えない組織

組織がどれだけの利益を上げられるかが最優先され、
その目的を実現するために、
目の前の給料とボーナス欲しさに、
自分の役回りが果す社会的害悪に目を向けず、
組織の論理に従ってただ行動する、

匿名の大勢の人たちによって社会はねじ曲げられていく。
そして加害者は被害者となり、被害者は加害者となる。

原発利権の甘い汁を吸い続け、
事故が起きてもなお、国民の安全をないがしろにして、
自らの利益保持のためにとんでもないイカサマを行っている。

決定をしているのは一人の独裁者ではなく、
大勢の組織の人間たちだ。
だから誰かが死んでも原発利権はなくならない。

収束したなどと無理やり首相に言わせて、
批判は全部首相に集めさせて、
組織は自分たちの利益を確保するため、
着々と基盤を固めている。

組織の目的だけが肥大化し、
組織が儲かっても誰もトクしないみたいな、
社長や首相ですら単なるコマに過ぎない、
恐ろしいほどの原発利権複合体。

そこに所属する人に罪の意識も悪の意識もない。
自分たちは自分が所属する組織のために、
ただ忠実に言われたことをやっているに過ぎない。

みんなで集まってがんじがらめに作り上げたシステムとルール

変わらなければならないのは一人一人なのだ。
震災を機にどれだけの人が変われるのか。
それが今後の日本を大きく左右する。






そうやって59基ある
日本の原発が作られてきたんだよ



















0 件のコメント:

コメントを投稿