右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2011年12月27日火曜日

「生き延びる為には原発を止めるしかない」





本日の愛知県春日井市は晴れ少し風あり


放射線量は

地上1mで0.13μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。




俳優:山本太郎

夢を実現させるためには生きていなければならない。

日本の原発を今止めないと、毎日ロシアンルーレットをやっているようなもの。

高い放射線量の地域に「安全だ安全だ」と言われて、子供たちが住んでいる。

「痛みを分け合う」と言って、放射性ガレキの受け入れを全国でする

放射性物質は閉じ込めて動かさないのが基本。

とんでもない政策

ここで声を上げて行動しないと日本の未来はない。

「生き延びる為には原発を止めるしかない」

僕を含む「無関心」な大人が作ってきたのが今の世の中。

体制側に好き放題されている

本当に危険な状態

だから今、何があろうが声を上げることにしました。




「すごいね、応援してるよ!でも俺にはできないけど!」

芸能人だけじゃない。

普通の人の中にも沢山居る。

対面で話している時は
「そんなのダメじゃん」「おかしいよ」
「怖いなぁ」「変わらなきゃだめだよね」
なんて言ってるけど

自分からはナニも行動を起こさない

黙ぁ~って放射能を避けて、黙ぁ~って安全なモノを選んで
黙ぁ~って自分だけ助かろうとしている。

でもさ、いま黙ってると、近い将来「二進も三進も行かなくなる」ンだよ。

検査はズサンなままで汚染された食品は流通し続け、
産地偽装が蔓延し、被爆食品を食べさせられ続ける。

被爆瓦礫は拡散し全国の焼却炉で燃やされて
放射能が全国くまなくバラ撒かれる。

子供達は守られるコトなく被爆し続けて
次々と倒れていく。

下痢 血便 鼻血 倦怠感 睡魔 発疹 
水疱 抜歯 脱毛 手足の痺れ 関節痛
乾いた咳 喉の痛み 眼圧異常 
胸が絞め付けられる様に痛んだり 背中が突然痛み出したり
原因不明の体調不良

3月末位から4月にかけて、皆んな思い当たる節はない???

放射線障害って、心筋梗塞 脳梗塞 白血病だけじゃあないンだよ。

オレも原発事故のあと、
血便を伴う下痢に、尋常じゃない睡魔に、
突然の背中(心臓の裏側?)の痛みに襲われた。 

比較的安全だと言われている愛知県ですら
思い当たる節がある・・・。


福島で現状を発信し続けている40代の女性

オレと同世代の、しかも女性が命がけで危険を訴えている。


彼女が何故避難しないで現状を訴え続けているのか

考えてみて欲しい・・・。



山本太郎氏は収入が10分の1に減ったそうだ。

氏は何故自分の未来を捨てても声を上げたのだろうか


彼らの覚悟を決して無駄にしてはイケナイ。








0 件のコメント:

コメントを投稿