右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年9月14日土曜日

Todays Indian scout #45






ウチのインディアンさんのEgには
明らかに純正ではないブリーザーが存在する。

タイミングホールの蓋に穴が開けられてブリーザーホールになっている。
繋がっている先はプライマリーケース。

とりあえずタイミングホールの穴を塞いで
プライマリーケース側は大気開放して走ってみたンだけど
街乗りではナンの不具合も出なかった。

だが高速道路をぶっ飛ばしていたら
リアバンクのエキゾーストバルブのカバーからオイル漏れが・・・。

漏れるのは高速でぶん回した時だけ
街乗りでは全く漏れて来ない・・・。

インディアンのオイル潤滑の仕組みがイマイチ理解出来ていないので
トンチンカンな勘違いかもしれないンだけれども
ヒョットしたらケース内圧が上がり過ぎるのかも?と
無いアタマをフリ絞って考えた。

とりあえずケースブリーザーを塞がない方向でも試してみるか・・・。






コイツはショーケースの肥やしになっていた
メグロのオイルフィルターケース
たしか250SGのヤツだったと思う。

カタチに一目惚れして使うアテも無いのにネットオークションで購入した。
たしか2000円位だったと思う・・・。



で、コレを加工してキャッチタンクにしてしまおう♪♪♪ って作戦。






ブラケットを拵えて 配管して出来上がり♪♪♪

配線の押さえ金具はモンキーのキャブのオーバーフローホース用






反対側はスンごいコトになっとりますwww。






シフトのリンケージを避けて出来るだけ車体に添わすとコーなるwww。






まるで「配管工の悪夢」状態www。



とりあえずコレで様子を見てみますかね。


















0 件のコメント:

コメントを投稿