右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年9月20日金曜日

キロ当たり190000ベクレルも汚染されたサカナの行く末はコントロール出来ているのでしょうか?山梨ですらも基準値超えているのに・・・







「福島第一原発港湾内でキロ190000ベクレル」

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/fish01_130918-j.pdf


同じ種類の魚で全然汚染されていない魚も居るってコトは
港湾外からの出入りがあるってコトでないの?

数十ベクレルしか被曝していないサカナが入って来ている
というコトは当然だけど逆もあるワケだよね。

数十万ベクレルも汚染されたサカナが外洋に出て行っている。

福島沖では試験操業開始

テキトーな抜き取り検査でOK出しちゃう。

数十万ベクレルの被曝魚が検査をすり抜けて市場に並ぶ。

ソンなコトありえないと思うかい?

オレは食べないよ オレはね。

食べるのも食べないのも自由ですから。


「山梨でも食品の安全基準値を超えてますよ」

http://www.pref.yamanashi.jp/release/ringyo/2509/tokuyourinsankensakekka10.html


キノコは汚染のバロメーターだからね。
汚染されている所はキチンと調べればキチンと出る。

まぁ、アタリマエだけど 調べなけりゃ出ない。

調べないのには理由があるのさ。

















0 件のコメント:

コメントを投稿