右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年2月24日金曜日

福島産で勝負できる食品などあるワケがない

本日の愛知県春日井市は晴れ

放射線量は

地上1mで0.12μsv/h

地上5cmで0.13μsv/h

風通しの良いコンクリート

SOEKS-01Mで各10回計測の平均値。

Co-60補正(×0.774)済です。






「福島産では勝負にならない」


売れ残った福島産のコメは業務用へ
複数産地をブレンドすれば「国内産コシヒカリ100%」の表記が可能となり、
福島産と明示しないで済む


「国産米」表示の食品は汚染されていると考えないとアカンですな。


「安全宣言が出たと言っても、
放射性セシウムが検出された地域があるのも事実」

ナンだかセシウムで汚染されていないコメがあるかのような言い回しだけど
セシウムが検出されない地域があるなら教えて欲しい。

「安全宣言が出たと言っても
暫定基準値を超えた地域があるのも事実だし
たとえ暫定基準値以下で流通可能だったとしても
3.11以前なら考えられない量の
放射性セシウムが含まれているのは事実」

と、正しい日本語を使って欲しいね。



放射性物質には 
「このくらいの量ならいいだろう」という値は存在しない。

内部被曝にしきい値はない。

青酸カリより危険な物質を
「みんな大変なんだし、このくらいなら我慢してあげないとね」と
食べれる人は勝手に食べればいい。
放射能なんて平気だよって思うヒトが食べてくれれば
汚れたモノしか作れない農家のヒト達は儲かる。
オレは絶対に買わないけどね。

原発の排水よりも汚れているモノを
「ウダウダ言わんと飲んで食え」と強制するような基準値を
「安心」だと思える人は食べればいい。
そうすれば汚れたモノしか作れない農家のヒト達は儲かる。
オレは絶対に食べないけどね。


まもなく福島第一原発事故から1年が経とうとしている。

この期に及んでも
「コノくらいの放射能なら気にしない」
ナンて思っているヒトには、
ナニを言っても無駄だろう。

この期に及んで
「コノくらいの放射能なら安全」
ナンて思っているヒトには、
ナニを言っても無駄だろう。

っつうか
「安全 気にしない」って思っているヒト達には
汚れた食物をジャンジャン食べて貰いたい。

そうすりゃあ、
オレのトコには汚れていない食べ物がまわってくる。

皆んなで汚れていない食べ物を取り合いしたら大変だもんね。
皆んなで安全な食べ物を奪い合ったら
俺のトコまで安全な食べ物がまわってこなくなったら困る。

だから、
気にしないヒトにはジャンジャン汚れたモノを食べてもらわないとネ。

オレは絶対に食べないけどね。



「栃木県のヤマメが基準値超え」

まさかコノ期に及んで関東以北の淡水魚を喜んで喰うような
自殺願望のあるヤツも居らんと思うが・・・。













0 件のコメント:

コメントを投稿